5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

愛国心って別にいらないよね

1 :朝まで名無しさん:03/09/04 18:27 ID:jA39coIX
別に持ってなくったって普通に生きていけるしさ、持ちたい奴だけ勝手に持ってお国のために頑張って
くれよ。持つことを強制すんじゃねーってーの。

※ちなみに私はバリバリの日本人ですので、「チョン、在日」だのいうアフォな思考停止はやめてくださいね


2 :朝まで名無しさん:03/09/04 18:28 ID:QFv+AuGO
板 違 い 。


3 :朝まで名無しさん:03/09/04 18:33 ID:illcmr9U
>強制すんじゃねーってーの。

と言いつつ

>持ちたい奴だけ勝手に持ってお国のために頑張ってくれよ

と強制してる

4 :朝まで名無しさん:03/09/04 18:46 ID:g3oUkBPR
愛国心を強制される>1ってどんな人間関係で生きてるんだろうね。
ただの馬鹿なのかな

5 :最も聡明で最も美しい若者たちが、、、:03/09/04 20:24 ID:2E5xvFNa
甘ったれた形容詞を羅列した、自己陶酔の遺書を書かされ、ボロ飛行機に放り込まれ、
覚醒剤を打たれ、殆ど命中しない体当たり作戦に利用される神風特攻隊の若者たち、
その特攻の報復空襲で焼き殺される特攻隊員の家族と美しい故郷と何十万という市井の人々。
何という無残で情けない特攻パシリ男たちだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/ima%20tawara.html
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~pms/jigyo/Ko_tokyo.htm
単細胞で無責任な皇軍兵士たちの犬死の「お陰」で今、この狂った日本がある。
年間2兆円の恩給利権、5兆円の防衛利権、選挙の票田と化した靖国利権参拝。
防衛、金融、建設、宇宙などに注ぎ込まれる巨大な利権の狂乱のなかで
今尚、アジア各地に放置されたままの100万体を越える彼らの遺骨。
「侵略強盗殺人犯罪への判決という慰霊」も受けない「骸骨」のまま捨て置かれているのだ。
何という無残で情けない昭和パシリ男達だったのだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
(参考文献)
『戦史叢書 本土決戦準備』1,2、本土方面海軍作戦。各・防衛庁防衛研究所戦史室。
『聞き書き ある憲兵の記録』朝日新聞山形支局 
『ねじ曲げられた桜―美意識と軍国主義』大貫恵美子
『ドキュメント神風』デニス・ウォーナー、ペギー・ウォーナー
『全体主義の起源1・2・3』H.アーレント
『JAPANESE AIR POWER−米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡』大谷内一夫訳・編


6 :朝まで名無しさん:03/09/04 20:30 ID:xCf3Y4uQ

★一重★目が細いか小さい★目頭がほとんど無い★ツリ目かトガリ目★
★ヨリ目★眉毛がかなり薄い★目と眉毛の間が広い★ハの字眉★
★肌の色が黒い★ヒゲが薄いか生えない(男性限定)★
★スネ毛など体毛が薄いかほとんど生えない★歯が大きい、または出っ歯★
★頬骨が強く張っている★彫りが極端に浅く、起伏に乏しい★
★うりざね型の面長★ゼッペキ頭(過短頭)★


韓国朝鮮人の帰化や混血で日本人に増えている形質一覧

7 :朝まで名無しさん:03/09/04 20:34 ID:rUh1bQIy
個人がいて家族・友人・仲間がいて、その上に生活の中の社会や国家がある。
が、郷土愛からくる愛国心ならばそのすべてを愛すべきなのに
「愛国心」を高らかに謳うウヨクは社会不適合者だったりする。
円満な家庭は築けてますか?友達はいますか?今の自分が好きですか?
それらに対するスケープゴートとしての愛国心など笑止千万。
社会が悪い、環境が悪い、政府が悪い、売国奴が悪い、〜〜が悪い・・・
少しは自分を見ろと。大した能力も財産も気概もないやつが「愛国心」を謳う。
逆もまた然り、守るべき家庭や環境、社会を持っていれば「愛国心」など自然に芽生える。

8 :朝まで名無しさん:03/09/04 20:56 ID:vhSLDy68
無理して持とうとしても持てるものじゃないだろうね。
>>7氏が言うように家族、地域共同体、国家を同心円上に位置づけられれば、
家族を大切にする事がすなわち国家を安泰足らしめる事につながると思う。

逆を言えば個人主義からいきなり愛国主義に飛躍してしまう事は極端で危険。

9 : :03/09/04 22:45 ID:Bw2pa0XJ
まぁ愛国心なんてなくても確かに生きていけるわけだが。
そんなことよりも。

10 : :03/09/04 22:45 ID:Bw2pa0XJ
そんなことよりも↓

11 : :03/09/04 22:45 ID:Bw2pa0XJ
そんなことよりも↑

12 : :03/09/04 22:46 ID:Bw2pa0XJ
もうどうでもいいや。

13 :朝まで名無しさん:03/09/04 22:48 ID:QFv+AuGO
合理的に愛国行為が出来るマクロ環境の整備が先決である。
非合理に愛国を求めるのはファシズムで有り、非常に愚かであると言える。

14 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:07 ID:aIlTzeOy
うんこ

15 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:21 ID:L3nx8gyi
公民を自覚する人間とそうでない人間は猿と人間ほどステータスが違う
猿には人権が適用できない。

16 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:23 ID:bw2J92S2
オリンピックやワールドカップで日本を応援した。これは素朴な愛国心だと思う。

17 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:24 ID:L3nx8gyi
>16
いや、半分は猿だろ。

18 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:24 ID:2S6JI/J6
でも普通の人間が普通に生きていくためには国家が必要だな。

結局1は
「親に感謝しなくたって生きていけるんだから親に感謝なんてしたいやつだけすればいい」
といってるようなものだな。

19 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:25 ID:L3nx8gyi
親に感謝しなくたって生きていけるんだから親に感謝なんてしたいやつだけすればいい


これはあり

20 ::03/09/04 23:34 ID:eHv0gvoH
 1番の君、日本に生まれて良かったねー。
 「愛国心」を強要する国はごまんとあるからねぇ。

21 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:39 ID:vhSLDy68
国家は人間が生きていくために必要ではあるが、それが「近代国家」に限るかどうかは検討の余地がある。
近代以前は兵農が分離されていた。農民は弁当もって丘の上でのんびり戦見物をしていたらしい。

22 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:45 ID:L3nx8gyi
>21
日本では信長が分離したんだったよね。
それ以前の武士は一緒だった。


23 :朝まで名無しさん:03/09/04 23:53 ID:3s7/1mTf
自国に愛着をもつのは否定されるべきものではないと考えます。
しかし、問題なのは、それを利用して戦時危機を煽り、国民に戦争
協力を強要する国家権力者たちの存在だと私は考えます。阿片戦争
以来、戦争は権力者らの戦争利権が主な目的となっているからです。
他スレである人は「愛国心は、ならず者の最後の砦」と表現されて
いましたが、私は簡潔かつ的確なレスだと感心したことがあります。

24 :朝まで名無しさん:03/09/05 00:03 ID:NpkeKE2s
>>1はどうして北朝鮮に同じ事いわないんですか?

25 :朝まで名無しさん:03/09/05 00:04 ID:H65kzYUN
愛国心を強制 とか言ってる時点で
被害妄想満載のキチガイとしか思えないわけだがw

26 :tooo:03/09/05 00:12 ID:AI+R+qad
愛国心を声高に言う人は、
ほとんどが国のためになっていない場合が多い。
愛国心などから縁遠いところで(そんなもの意識しないで)、
営々と汗水流している人々のお陰で
オレも生きてて、国は成り立っている
ミレの絵を見よ。

27 :朝まで名無しさん:03/09/05 01:40 ID:LoKMmeAJ
>>23
それが「近代国家」の本質であると思います。国民皆兵の国の威力を知った王政国家が次々に近代国家に転向
していったのも、戦争で勝つために他なりません。
権力者が愛国心を鼓舞するときとは、すなわち戦争が近づいているときです。
民衆の素朴な愛国心をハイジャックするわけです。

>>26
仰るとおり、愛国心を隠れ蓑や免罪符にしている人ほど、声が大きいと思います。


一般の人間は自分の生活圏でまっとうに生きていれば、それで十分だと思います。

28 :朝まで名無しさん:03/09/05 01:50 ID:vxegptd/
>>27
>一般の人間は自分の生活圏でまっとうに生きていれば、それで十分だと思います。

あとはマスコミと政治家が全部やってくれるわけねw

29 :朝まで名無しさん:03/09/05 01:53 ID:LoKMmeAJ
>>28
少なくとも彼らの手口ぐらいは知っておく必要はあるでしょうね。

30 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:10 ID:miLRPHxL
外資で働く奴は愛国心が欠如した売国奴。

31 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:12 ID:miLRPHxL
国家に権利が与えられているのだから、国民が義務をおうのは当然。
ゆえに、個人は国のためにいきるべき。

32 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:13 ID:yOp02nhK
>>23
今「愛国心」を唱えているのが、国家権力者ですか?
諸外国並みの、普通の「愛国心」を取り戻そうとする
一般人の動きのほうが強いのでは?
あと、「愛国心は、ならず者の最後の砦」というのは
確かサミュエル・ジョンソンとかいう物書きの言葉。
確かに一面正しい言葉だと思いますが、例えば「愛国心」を
「パトリオティズム」にしても「コスモポリタニズム」にしても、
これまた一面正しい言葉になるのではないですか?


33 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:16 ID:MRBXTyju
>>1
漏れは地球を愛していますから・・・
国ごとに差別したりはしましぇん

34 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:19 ID:/Yoe3gz3
>32

>>今「愛国心」を唱えているのが、国家権力者ですか?

寡聞ながら、森前総理やら、曽根綾子(日本財団理事長・各種政府委員)
やら中心だろう?そして俺が唱えたとしても、上記人々の覚えが目出度く
なるよね?


35 :  :03/09/05 02:25 ID:hWtbd/vH
25を筆頭に国士気取りの右翼思想キチガイが集まる2ch

36 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:29 ID:yOp02nhK
>>34
「実際に唱えている国家権力者がいるかどうか」を問うているのではなく、
「今愛国心が叫ばれるのは、これを利用せんとする国家権力者の意図によるものかどうか」
を問うているのです。


37 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:30 ID:j9g4Nz85
つーか愛国心じゃ飯が食えねぇ

38 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:31 ID:wBhXN1us
いらないね。確かに。でもな。社会を知っていくとどうしてもそうなるのだよ。
程度の差はあれそうなるのだよ。例えば世界陸上とかあるだろ?
日本人選手をどうしても意識してしまったりしないかい?
日本人に頑張って欲しいと思ったりしないかい?それも愛国心の表れ。

愛国心ってのはそうやって培われる。君が望むと望まないとに関わらず、
自然と持つようになる。君の意思なんか関係ない所で。無駄な抵抗は止
めた方が精神的に楽よ。

39 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:33 ID:4XdQ9z3q
参考になりそうな本の紹介

1;日本では「公徳心」がなぜ欠落しているのか、について

『なぜ日本人は日本を愛せないのか―この不幸な国の行方』
カレル ヴァン・ウォルフレン (著), (1998/03) 毎日新聞社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620312118/qid%3D1062696209/sr%3D1-5/ref%3Dsr%5F1%5F2%5F5/250-2112081-5380202

『日本という国をあなたのものにするために』
カレル ヴァン・ウォルフレン (著), (2001/07) 角川書店
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404791374X/qid%3D1062696209/sr%3D1-7/ref%3Dsr%5F1%5F2%5F7/250-2112081-5380202

2;「国家」はどう形成され、「愛国心」や「伝統」はどう作られるかについて

『想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行』
ベネディクト・アンダーソン (著), (1997/05) NTT出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487188516X/qid=1062696654/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-2112081-5380202

『 創られた伝統』
エリック・ ホブズボウム (編集), (1992/06)紀伊国屋書店
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314005726/ref=pd_sim_dp_1/250-2112081-5380202

40 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:34 ID:/Yoe3gz3
>36
そんなもん「証明」されてからは遅かろうに。一般的に言えば、各種
政治学の本にはそんな過去の例が載ってるね。求心力を高め、排他的
(裏を返せば団結)になる方法としては即効性がある、と。

41 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:36 ID:LoKMmeAJ
>>36
マスコミから伝わってくるのは権力者の意図によるものが多いですね。
しかし政治家や官僚、日銀などに対して、「お前らこそもっと愛国心を持てよ」と言いたい人は多いんではないですか?
このことによって「愛国心」の意味が二通りあることが垣間見えるのですが・・・w

42 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:38 ID:LoKMmeAJ
いいっぱなしで恐縮ですが、寝ます。

43 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:40 ID:yOp02nhK
>>40
で、その求心力を高め、排他的になる方法として即効性があるのは、
「パトリオティズム」や「コスモポリタニズム」も同様ではないのですか?
なぜ「愛国心」だけ恐れるのか良く分かりません。

44 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:41 ID:j9g4Nz85
いくら愛国心があっても国はそれに報いてくれませんけど?

45 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:44 ID:/Yoe3gz3
本当の愛国者なら「清貧」であるべきであり、親のコネで入学(森前総理)
するなど、世の不平等を疑わせる行動はすべきではなく、なぜか親族企業が
急成長したり、政治献金という名の贈収賄に対しても抑制的になるべきでは
なかろうか?

そのような自民党議員の言葉であれば、傾聴いたしましょう。


46 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:47 ID:/Yoe3gz3
「政治に金がかかって」というわりに、当選時より資産が数十倍に
増えているようなやつに、「己を殺して、公に尽くせ」といわれて
もピンとこない。

売春防止法で検挙された前歴のある方に、青少年の非行は愛国心の
欠如といわれてもねえ?

47 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:49 ID:3Td4n2Nk
>>38
世界陸上で国旗振って応援してるの日本人ばっかりだったよな。
意外と外国人より日本人のほうが愛国心はあるんじゃないの。
フランス人もあんまり国旗なんて振ってなかったし。

48 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:51 ID:1ThiYo5I
愛国心に対する2通りの考え方があるわけだが
一体どっちの話をしているんだ?

49 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:52 ID:4rMOUwrV
国=政府もしくは政治家、
という構図から抜け出せない人が多いですね。

50 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:55 ID:j9g4Nz85
スポーツで応援だのとその程度の下らない愛国心なんてどうでも良いと思わないですか?

51 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:56 ID:1ThiYo5I
>>50
それはナショナリズムでは?…

52 :朝まで名無しさん:03/09/05 02:57 ID:/Yoe3gz3
>49
あたりまえでしょ。抽象的に「愛国心」なんつうものは誰でももってん
だから。缶を投げ捨てないだの、相手の気持ちを思いやる、なんつうの
はただの公徳心。

しかし、昨今言われている「愛国心」はそんなもんじゃねえだろ?まさに
国家政策遂行の手段としての「愛国」だろ。



53 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:01 ID:AV/dTKES
日本の権力者が人々に愛国心を強制しようとするのは
中国や朝鮮の権力者が人々に儒教を強制しようとするのと一緒。
支配層である自分達に都合の良い考えかたを押し付けるにすぎない。

54 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:01 ID:yOp02nhK
>>52
なぜ昨今言われている「愛国」が
国家政策遂行の手段としての「愛国」と断言できるのですか?

55 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:02 ID:4rMOUwrV
>52
>しかし、昨今言われている「愛国心」はそんなもんじゃねえだろ?

いや、そういうもんだよ。

56 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:03 ID:/Yoe3gz3
後、愛国心がないから犯罪が増えた、とかいう鴻池の馬鹿が言いそうなことも
なしな。窃盗が増えたのは単なる「経済政策の失敗」。
「最良の刑事政策は、最良の社会政策である」リスト

強盗は増えたが、せいぜい80年代レベル。強姦・殺人事件発生も低レベル。
窃盗と、業務上過失致死が増加分のほとんどじゃねえか。

57 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:05 ID:AV/dTKES
愛国心における「国」は政治体制ではなく
国民が背負ってきた文化や歴史のことであり、
政治家や教師が内容を規定して訴えかけるものではなく、
国民一人一人が生活を通じて自然に意識する道徳であるべきと思います。

58 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:06 ID:4rMOUwrV
>>56
愛国心の欠如のせいにしちゃならんというのはまだしも、
経済政策の失敗を理由にするのもわからん。
経済で言えば80年代は成功の時期じゃないのか?

59 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:09 ID:/Yoe3gz3
スポーツで自国を応援したくなる→単なる親近感の問題。俺も応援する
缶を投げ捨てない       →道徳の問題。愛国心とは無関係
相手の気持ちをおもいやる   →いき方、道徳の問題。どうせなら日本人
                以外にも想像力を働かそう
窃盗増加           →単なる経済停滞による
外国人に自国の説明      →個人の教養の問題。愛国心とは無関係

 愛国心ってなに?


60 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:11 ID:4XdQ9z3q
>>34
曽野綾子といえば、統一協会(勝共連合)…

「愛国」と名のつくとこどこにでも半島カルトの影がチラチラするのは、
日本の不幸だ…

曽野綾子と森喜朗(文教族のドン)による日本愚民化計画↓

http://www02.so-net.ne.jp/~komuro/Mutsumi/QuadEq.html
教育課程審議会長の三浦朱門氏は雑誌「週間教育Pro」1997年4月1日号のインタビュー記事
『「教育」今後の方向』の中で、教科内容の厳選に関して、教科のエゴをなくすために、たとえば
数学では『曾野綾子のように「私は2次方程式もろくにできないけれども、65歳になる今日まで
全然不自由しなかった」という』数学嫌いの委員を半数以上含めて数学の教科内容の厳選を
行う必要があると発言している。この発言から1年2ヶ月ほどたった今年の6月に教課審の審議の
まとめが出され、2次方程式の解の公式は中学数学から姿を消すことになった。

http://homepage2.nifty.com/teiyu/idea/in_0104.html
先の教育課程審議会会長三浦朱門は、夫人曾野綾子の発言「2次方程式の解の公式など何の
役にも立たない。あんな下らないことを教える必要はない。」を吹聴している。
その一方で、英国首相ブレアは、高校生や一般向けに無料配布した化学入門書に
「科学教育の充実は英国が世界競争に勝つための最優先施策である。医薬品、食品、環境等に
深く関わる化学は、若い人たちのよき指針となるであろう。」とメッセージを寄せている。

61 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:12 ID:4rMOUwrV
>>59
自分の身の回りの社会がちょっとでもいい状態であればいいな、その程度のことだよ。

>道徳の問題。愛国心とは無関係

キミの言う道徳だってそういう社会性を前提にしなければ守る必要もないでしょ。

62 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:16 ID:/Yoe3gz3
>>56 経済が停滞すると犯罪がおきる、つうだけの話だよ。愛国心と
はなんの関係もない。町を愛して防犯に努めるのは愛国じゃねえよな?

強盗認知件数も戦後下がってきたのが、最近増加し80年代レベルになった
つうこと
 

63 :  :03/09/05 03:17 ID:hWtbd/vH
    < 右翼思想のバカの内訳 >
@「国民年金・国民健康保険・都民税未納」で愛国心w
 アルバイト生活の低所得肉体労働者で、論議は学歴話でプロテクトする傾向。
 午後出勤のバカフリーターの身分で愛国者気取りで2chへ右翼の書き込み。
 主に運送・土建屋さん務めにウヨ赤尾敏系な奴が多い。 救いがたし。

A「町内会費」も払わないでお国の代表づらして書き込む傾向。
 町内の人達や中間地域社会とは交流は全くなく、アニメ オタク。
 W杯で日本を応援してた感覚で右翼民族主義へ走ってる。
 学校時代は社会や歴史が苦手で、先生や日教組が大嫌いな不良経歴。
 教育基本法が大嫌いで、大日本帝國時代の教育勅語が大好き。
 戦前の暗黒の靖国神社国教化を願う精神異常の末期症状。

BIPアドレス抽出されるのを恐れているのか携帯電話から送信するバカ右翼。
 「日本会議事務総局」などの右翼団体を批判されると敏感に反応して
 逆上し、一行の右翼の書き込み。 (ワラ ワラ ワラ・・・  
 今日もご都合の悪い歴史は歪曲だの捏造だの・・・ったく、懲りない連中。

64 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:19 ID:4rMOUwrV
>経済が停滞すると犯罪がおきる、つうだけの話だよ

だからその根拠を聞いてるわけよ。
必ずしもそれだけでヵたれる話じゃないだろってことよ。
経済状況でいえば今と80年代なんて全然違うんだから。


65 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:21 ID:S/HLDolV
愛国心が問題になるのは、

*それを元に他国を軽蔑する感情/思考が増長する
*為政者がやりたい戦争などに国民を狩り出す原動力として使われる

からで、その辺に十分配慮したかたちでの愛国心なら認めてもいいけど、
自民党系政治家、右翼、コバウヨなどを見れば、どう考えても
それこそが目的だろうと思わざるを得ないね。

66 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:21 ID:4rMOUwrV
で、道徳心と愛国心って結びつかないものかな?


67 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:22 ID:/Yoe3gz3
>>61
社会性、道徳で説明つくなら、あえて「愛国」はいらないんだよ。
プラスアルファが「愛国」にはあると思うが。

68 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:22 ID:4XdQ9z3q
>>64
ふつう、貧乏になれば、犯罪起こすぞ。
親が失業すれば、子どもはグレる。

69 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:23 ID:4rMOUwrV
>自民党系政治家、右翼、コバウヨなどを見れば、どう考えても

そうか?
自民党の弱腰外交や
右翼といいながらその実、朝鮮人が構成している事実、
コバは・・・まあ、そうかもな。

70 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:24 ID:yOp02nhK
>>67
だから、なんで意地でも「愛国」だけ避けて、
他の言葉で説明つける必要があるんですか。


71 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:27 ID:yOp02nhK
>>68
あなたはそうなのですか?
単純ですね。

72 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:28 ID:4rMOUwrV
>>67
>社会性、道徳で説明つくなら、あえて「愛国」はいらないんだよ。

愛国心自体がまさに社会性や道徳で説明つくものなんだが?
では道徳を口にするときに、なぜ道徳が必要かといわれたら
どう説明する?

73 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:30 ID:4rMOUwrV
>>68
無関係とは言ってないよ。
それだけじゃないだろってだけだよ。


74 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:30 ID:/Yoe3gz3
>>経済が停滞すると犯罪がおきる、つうだけの話だよ
>だからその根拠を聞いてるわけよ。
>必ずしもそれだけでヵたれる話じゃないだろってことよ。
>経済状況でいえば今と80年代なんて全然違うんだから。

>>68が答えてくれてんだけど、もっと詳しい話は刑事政策・犯罪学の本で。
なお、窃盗は増えてんのに(経済事情直結)、殺人は減っている(1400
件前後・80年代初頭は2000〜1500)つうのは、犯罪と愛国心とは
なんの関係もない証拠になる。

もっと言えば、森君・鴻池君の青春時代の殺人認知件数は4000件前後だ。



75 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:32 ID:4rMOUwrV
>なお、窃盗は増えてんのに(経済事情直結)、殺人は減っている(1400
件前後・80年代初頭は2000〜1500)つうのは、犯罪と愛国心とは
なんの関係もない証拠になる。

よくわかんないんだけど。
殺人の件数こそが愛国心に関係するってこと?

76 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:33 ID:/Yoe3gz3
>だから、なんで意地でも「愛国」だけ避けて、
>他の言葉で説明つける必要があるんですか。

国土と人間は好きだけど、愛国運動している森君が嫌いなんだよ俺は。
尊敬できる人じゃなきゃねえ。

77 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:34 ID:4XdQ9z3q
>>70
粗っぽく言うと、「国家」システムは、上層階層が下層階層を食い物にする
ために機能しがちだから。

「愛国」という念仏は、上層階層が下層階層を食い物にすることを「倫理的に隠蔽」
するために使われがちで、実際、森喜朗みたいなバカだけど上層階層なヤツに
使われているから。

「愛国」という官製イデオロギーは、しばしば「公徳心」「公共心」と対立し、
後者を踏み潰す。

たとえば、沖縄がアメリカだった時期があり、けっこう長引いたけど、
芦田首相がアメリカに返還請求しても、アホな昭和天皇がマッカーサーに
媚びへつらって「沖縄は日本じゃないからアメリカに統治してもらったほうがいい」
とかアホな発言して(「沖縄メッセージ」)、アメリカが天皇発言を口実に
沖縄占領を長引かせた。
こういうアホな昭和天皇に命を捧げよと下層階層や半島人に要求したのが
日本製「愛国」心なわけだから、なんつーかね。それって「公徳心」から見て
どうよ? という気がするわね。

78 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:34 ID:4rMOUwrV
>76
あっそ。
だったら否定すべきは「愛国」じゃなく「森君」ってことじゃん。

79 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:38 ID:4XdQ9z3q
>>78
ついでに>>77にもレスポンスしてみそ

80 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:38 ID:4rMOUwrV
>>77
戦前と戦後の話がごっちゃになっている上に
一時期のことを例に「日本製愛国心」とか言って否定するんじゃ
話にならんよ。
あくまで普遍的な意味での「愛国心」の話をしてるんだからさ

81 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:45 ID:4rMOUwrV
>>79
愛国そのものはひとっつも語ってないじゃん。「〜がち」とか決め付けてるだけで。
利用法の危険性を理由に否定しても仕方がないよ。
そんなもん「刃物は人殺しに使われる」という理由で刃物の流通を禁じるくらい乱暴な話で。

>粗っぽく言うと、「国家」システムは、上層階層が下層階層を食い物にする
ために機能しがちだから。

>「愛国」という念仏は、上層階層が下層階層を食い物にすることを「倫理的に隠蔽」
するために使われがちで

>「愛国」という官製イデオロギーは

82 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:45 ID:4XdQ9z3q
>>80
「普遍的愛国心」ねえ… 
面白い概念だねえ。

『想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行』
ベネディクト・アンダーソン (著), (1997/05) NTT出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487188516X/qid=1062696654/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-2112081-5380202
『 創られた伝統』
エリック・ ホブズボウム (編集), (1992/06)紀伊国屋書店
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314005726/ref=pd_sim_dp_1/250-2112081-5380202

この辺を踏まえた話かな?

83 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:46 ID:4rMOUwrV
>>82
ばーか

84 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:50 ID:/Yoe3gz3
>>80
ある競技大会(WW2)に出場あひた選手たち

愛の鞭(愛国心)でしごかれ、優勝(アメリカ・フランス・中国など)
同じく愛の鞭(愛国心)でしごかれ、出場、アキレス腱裂断全治30年(日本・ドイツ)

まあトラウマになってんのも無理ないとオモわねえ?

85 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:56 ID:+iIes+Og
>>81
愛国心は教育されるべきでしょうか?
もしそうならば、そこで教育される愛国心は間違いなく官製イデオロギーで
あります。それは「少なくとも最初の内は」>>77の言うほどには過激な
ものではないでしょうけれども。どのようなシステムがこれを
コントロールしえるのでしょうか。というより、いかなるシステムも
地球上に存在する限りにおいてはこれを悪用しようとする奴によって
裏をかかれるもの、と思っているのですが、またそういう奴にとって
愛国心教育ほど便利な道具もそうはないと思うのです。

教育されるべきでないとすれば、それを全ての人が持つことを期待するのは
お門違いです。

86 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:56 ID:4XdQ9z3q
>>81
仮に>>82あたりを踏まえると、国境線は恣意的に作られ、「伝統」は
国境線内部に恣意的に物語化され作られるものだから、

三浦朱門@勝共連合>>60 あたりに洗脳されたバカでないのなら、
国境線が誰にとってトクをするのか、という問題だと気づくんじゃないかな。

上層階層は国境を越えて利害一致しているから、下層階層を分断化分裂化
させるのが統治上有利だったりする。「愛国心」という用語は、その統治道具と
してしばしば機能する。

とはいえ、18世紀-19世紀頃は、グローバリズムが国境を越えた上層階層間の
差異を低減化させ、国境線内部間の差異を増大させる一方、
ナショナリズムは国境線内部間の差異を縮減する道具としても使われたから、
ナショナリズムが必ず悪ってワケでもないがね。
ナショナリズムは国民間の平等原理でもあるから。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400023322X/qid=1062701782/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/250-2112081-5380202

ただ残念なことに、日本でナショナリズムや「愛国」をいうているヤツラは、
たんに遺族会年金や軍恩給付金をいまだにもらっているような異様なヤツラで、
ヤクザの実質的資金源の一つで、「愛国」という語が、靖国利権でしかないって
ことだ。
靖国利権は40兆円にものぼるそうですな。

87 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:58 ID:yOp02nhK
>>76
それなら、「森の愛国と俺の愛国は違う」ということで、
愛国のあり方を考えればいいのでは?
なんで、「愛国」という言葉を忌避するのですか?

88 :朝まで名無しさん:03/09/05 03:59 ID:4XdQ9z3q
>>83
寂しいなあ。
「普遍的愛国心」なんていうごっつう哲学的命題・社会学的大問題を
提示しているんだから、もっと理性的な発言をしてほしいなあ。

日本語を粗略に扱うのは、「愛国的」からは程遠いよ。

89 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:02 ID:4rMOUwrV
>>86
>「愛国心」という用語は、その統治道具と
してしばしば機能する。

だからさあ、統治者がいかに利用するかについて論じてるんじゃなくって
「愛国心」そのものの話をしてるんだよ。
キミがさっきから言ってるのは、「愛国心」を利用する側の問題であって、そのものの問題点じゃないだろ。
別に為政者への猜疑心はかまわんよ、別のほう別のほうで愛国心を否定するのはやめてくれ。

ただな、

>たんに遺族会年金や軍恩給付金をいまだにもらっているような異様なヤツラで、

なんでこれが異様なんだ?

90 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:03 ID:4XdQ9z3q
>>87
>>77>>86に返信したら?

森の言う愛国心がウソである、というのは、例示の一つであり、
事実上、「愛国」を売りにしている人々は、三浦朱門@統一協会みたいに、
当人は全く「愛国」からほど遠いヤツで、
上層階層にいる売国野郎が、下層階層をだますための道具として「愛国」
概念が使われるとこが問題なんでしょ? 

で、その「愛国」の概念も、国境線を引いた人間…日本の場合、マッカーサー
にとっての都合で、その内部に住む人間を「洗脳」するための道具だしね。

91 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:03 ID:4rMOUwrV
>>88
>「普遍的愛国心」なんていうごっつう哲学的命題・社会学的大問題を

どこに「普遍的愛国心」なんて書いたっけ(w

92 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:04 ID:/Yoe3gz3
>87
いや、だから俺は「愛国」だって。ただそれは、口に出して言うものでも
人に押し付けるものでもないと思っているだけだ。岩に沁み込み、100
年経って涌き出る水みたいなのが理想だ。



93 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:06 ID:4rMOUwrV
>>90
>上層階層にいる売国野郎が、下層階層をだますための道具として「愛国」
>概念が使われるとこが問題なんでしょ? 

逆に言えば、愛国そのものには問題がないってことだな。


94 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:08 ID:EKQ2t6LS
愛国心が愛”国家体制”心であってはかなりイヤだけど
自分の「国」を愛することは当然だし、皆普通に持ってると思う。
教育制度は国家体制の一部なので、教育するのは反対だし何かおかしい。

95 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:09 ID:yOp02nhK
>>90
だって、>>77>>86は「愛国」の内容について話してないでしょう?

96 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:09 ID:4XdQ9z3q
>>89
>なんでこれが異様なんだ?

殺人ですら十五年で時効になるのに、なぜ今に至るも支給されているんだ?
異様ではないか?

日本の年間税収は30兆円だ。
40兆円の靖国利権という額は半端ではない。
対外賠償金が一兆円でしかなかったことからみても、異様な数字だ。
「愛国」的なら、そろそろ「恩給法」や「特別弔慰金」といった利権を廃止する
ことを請求してみたらどうだ?

97 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:09 ID:H55O1fPf
>>4XdQ9z3q
>>79

よほど返答して欲しいらしいので、わたしが横入りしてみるかな。
事実関係の誤認があまりにも多すぎるので。

>たとえば、沖縄がアメリカだった時期があり、

そんな時期はありません。
アメリカの委任統治領はアメリカではなく、委任統治領の住人はアメリカ人ではありません。

>芦田首相がアメリカに返還請求しても、アホな昭和天皇がマッカーサーに
>媚びへつらって「沖縄は日本じゃないからアメリカに統治してもらったほうがいい」
>とかアホな発言して(「沖縄メッセージ」)、アメリカが天皇発言を口実に
>沖縄占領を長引かせた。

はあ?
芦田内閣の成立は1948年の三月ですよ。
そして「マッカーサー元帥のための覚書」が作成されたのは1947年の三月です。
マッカーサー元帥はタイムスリップでもしたんですか?
昭和天皇より貴方の方がアホですな。

>『想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行』
>ベネディクト・アンダーソン (著), (1997/05) NTT出版
>http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487188516X/qid=1062696654/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-2112081-5380202
>『 創られた伝統』
>エリック・ ホブズボウム (編集), (1992/06)紀伊国屋書店
>http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314005726/ref=pd_sim_dp_1/250-2112081-5380202

戦後史に関して基本的なこともご存知無い貴方が、こんな本を読んでるとは思えません。
実は読んでないでしょ?

98 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:11 ID:4rMOUwrV
>>96
>殺人ですら十五年で時効になるのに、なぜ今に至るも支給されているんだ?
>異様ではないか?

なんで犯罪加害者と比べられなきゃいかんのだ???
んじゃあ年金も15年でやめるか?

99 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:13 ID:yOp02nhK
>>92
私もそうですよ。
ただ、「愛国」という言葉を忌避するあまり、その水が乾いてしまうのが心配なのです。

100 :朝まで名無しさん:03/09/05 04:15 ID:4XdQ9z3q
靖国利権に関しては、以下の本など参照。

『戦争の記憶 その隠蔽の構造―国立戦争メモリアルを通して』
田中 伸尚 (著) (1997/12) 緑風出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4846197174/qid%3D1062702744/250-2112081-5380202


292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)