5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【犯罪抑止力】死刑に代わる刑罰【被害者救済】

1 :1 ◆bwsOKf48OY :03/10/14 22:21 ID:ErSIj3U2
死刑を廃止し、犯罪者には強制労働を。
その賃金は被害者への賠償金に当てる。

「やったもん勝ち」「やられ損」なんて言わせない。

こんな意見が出てるんだがどうでしょう?

2chで世論を動かそう!めざせ法改正。


2 :朝まで名無しさん:03/10/14 22:21 ID:OFJ2DXEt
自転車こぎ

3 :朝まで名無しさん:03/10/14 22:25 ID:wJRcs1hM
板違いだぁーぼけっ。

4 :1 ◆bwsOKf48OY :03/10/14 22:30 ID:ErSIj3U2
加害者・被害者どちらも減らすために
加害者の人権を守り死刑を廃止に
被害者に対する救済の方法を明らかに

被害者への償いを!
加害者の本当の意味での反省を!

みなさんでなんとかしましょう
ネタレスしてる暇があるなら来てみやがれ

【犯罪抑止力】死刑に代わる刑罰【被害者救済】
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1066137672/l50


5 :朝まで名無しさん:03/10/14 22:37 ID:EGabxUj1
1おつ

6 :朝まで名無しさん:03/10/15 00:03 ID:gYxbQ0qu
アメリカみたいに懲役制にすればよい。罪の量に応じて100年とか200年とか。
で、囚役者の生活費や刑務所の経費は囚役者の労働で賄う。そうすれば、国庫にも
影響でない。
出来高制にすれば、まじめに労働できない奴は、稼げない分、生活費が削られると。
死刑なんぞ、犯罪者には甘い。
死ぬまで刑務所内で労働させるのが一番。
後は、意味のない無期懲役もこの刑に替えることで、被害者もある程度は納得。
少年も同様。
年齢制限はなし。全て量刑とする。量刑は成人を基準とし、罪を犯した年齢に応じて
減刑すると。
でも凶悪犯罪を犯した奴は、当然何十年も刑務所内ということになる。

この方法が全ての犯罪者に平等な刑になるはず。どう?

7 :朝まで名無しさん:03/10/15 00:05 ID:B17tIprw
というか、死刑は存続して臓器を売ったら良いね
売れない臓器みたいなのも多いから、試薬とかいろいろ実験で使って
核実験の時もいろいろ人体データ欲しいだろうし
死刑のハードルはうんと低くする
10万円盗んだら人体実験刑でいいや

8 :朝まで名無しさん:03/10/15 00:05 ID:+GMXuneV
普通に鼬害

9 :朝まで名無しさん:03/10/15 00:06 ID:aZhzqeqb
自転車漕ぎ!!

10 :朝まで名無しさん:03/10/15 00:42 ID:5Kb2XJxq
>1
究極的には全て国家賠償にしてしまうのも手だな

死刑やめるなら蛸壺終身刑がいいと思うが

11 :朝まで名無しさん:03/10/15 01:13 ID:wH7lZn19
犯罪者には強制労働。その賃金は被害者への賠償金に当てるってのは
いいんだけど、年取ったり、病気で働けなくなったらその時点で死刑
ってのがより良いと思う。



12 :朝まで名無しさん:03/10/15 01:19 ID:A7ICQUjk
シジフォスの神話みたいな刑がいいね。
途中で気が狂いそう。

13 :なかのひと見習い補佐代理候補 ◆Qw5aKYwoS6 :03/10/15 01:20 ID:fhpjNqs5
黄金伝説でふかわとかがやっていたような
防弾ガラス張りの部屋にぶちこんで
何処かの遊園地に設置。
多少の見世物料を取って被害者救済に充てる
中の犯人は終身刑、死ぬまで出られない人間動物園

というのはどうだろう?

14 :朝まで名無しさん:03/10/15 01:21 ID:0falnTyG
>>7
俺だったら人体実験されるくらいなら、
跡形も残らないタイプの自殺をするが、そうすると
家族に何か求めるの?

15 :みちこ:03/10/15 01:49 ID:Jk33r4ds
一人一個ずつ画鋲もって死刑囚真ん中に立たせてみんな並んで一回ずつ好きなとこに刺せるの。
そんでもって全国ドームツアー。死刑より嫌。

16 :学死期経験者:03/10/15 03:09 ID:eFFdITkq
損害賠償を加算したものを刑事罰とする。
<殺人罪 損害賠償3億円+懲役7年>とか、
支払能力が無い者は、労役で賠償させる。
(労役を優先させて賠償させ、その後、懲役とか執行猶予とか)


17 :朝まで名無しさん:03/10/15 09:14 ID:IuxfPBwn
基本的に犯罪者には民事刑事混合で裁判した方がいいよ
今みたいに後で民事で損害賠償になったときに
加害者には無償で国選弁護人がつくのに、
被害者はお金がないから弁護士を雇えないなんてバカげてる

それこそ被害者やられ損じゃんか

まあ量刑に応じて危険な現場とか
多額の賠償責任の奴にはそういうのをやらせて
それに応じた賃金を払うのが妥当だな



18 :朝まで名無しさん:03/10/15 10:52 ID:A2kV0isQ
頭に爆弾か高圧電源でも詰め込んで、被害者の奴隷にすれば?

19 :( ゚д゚)、ペッ:03/10/15 11:51 ID:GNBgfwUS
目には目を歯には歯を
殺人には死刑を

中国系外国人犯罪を激減させる為に
中国系外国人は肩がぶつかっただけでも死刑
中国系外国人は夜、外を出歩くだけでも死刑
中国系外国人は日本人と口論しただけでも死刑
中国系外国人は合意でも日本人とSEXしたら死刑


20 :朝まで名無しさん:03/10/15 15:29 ID:Mp33thEQ
>>17

そうなんだ・・・そういえばそうだ。
被害者は懐具合で弁護士が変ってしまうから
なんか不利だね。

21 :朝まで名無しさん:03/10/15 15:29 ID:GwyNqsBu
>>19
一番下は問題有り 女はよい と思う!


22 :朝まで名無しさん:03/10/15 17:56 ID:IuxfPBwn
捕まったとたんにやたらと保護されて
判決が出れば後は三食風呂付きの寮で適当やってりゃ
そのうち出れるって感じか。

そんで出ても職がないからまた犯罪起こして
稼いだ金で豪遊、金が無くなる頃にまた逮捕。

まだ高校運動部の寮の方がキツイ暮らしだなw
貧しい国の奴らからしたら天国だよ
医者もいて医療も受けられるし、明日の食い扶持の心配もない。

ったく何のために税金を納めてんだかわかんねーよ

23 :朝まで名無しさん:03/10/15 19:25 ID:/OXiBuYt
朝5時起床6時から12時まで土木作業12時から13時までは昼食休憩
13時から19時までまた土木作業。あとは自由時間、週休1日
これを服役してる間ずっと。まあ教化労働だな。
外へでてもりっぱな土方として生きていけるだろ。
おれも土方やったことあるけど、さぼれない息抜きできない一日中、
猿臂の仕事させられてイヤになったことある。

24 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:08 ID:p+ZhMLZX
社会復帰にもプラスになると思われだね。
刑務所でそんだけ働くよう教育というか習慣化させれば
その後社会に出た時就職しやすくなるし、
公的機関もお墨付きで斡旋できる人材になると思うよ。

まああまり凶悪な犯罪を犯した人は賠償があるから
出てこれなかったりもするだろうけど。

被害者とかその遺族とかも
悔しいけど納得な部分も出てくると思うし
なにより加害者が反省すると思う。

25 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:27 ID:ixk0BnF2
>>23-24
そういう刑罰は反発心しか産まない。
反省を促すならもっと内面を抉るようなケアが必要。
出所後に役に立つようにするならITを踏まえた実践的なスキルが必要。

26 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:36 ID:p+ZhMLZX
>>25
そうかな?
反発心もあるだろうけど結局自業自得なんだと
悟らせるのも大事なんじゃない?
労働+ケアっていうアメと鞭の構図にすれば
反省しやすくなる気もすると思われ

あんまり過保護にしすぎると逆に頭に乗ったりとか・・・
まぁ職種はそういう選択肢もありかな
ただやっぱ得手不得手もあるからさぁ
それに費用の問題も・・・

27 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:43 ID:EauuZiwN
>>26
後に出所させるなら働く喜びを心底感じられるような作業をさせないとダメです。
無意味に重労働させるようなやり方は更正を諦めた米国の考え方です。
作った物を出所時に記念品として持ち帰れるのも効果的です。

28 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:45 ID:azIzUSQl
>>17
> 今みたいに後で民事で損害賠償になったときに
> 加害者には無償で国選弁護人がつくのに、
> 被害者はお金がないから弁護士を雇えないなんてバカげてる

国選弁護人が付くのは刑事であって、民事ではない。

> それこそ被害者やられ損じゃんか
ってのは、感情的に禿同だが、正確にと言うことで。

29 :朝まで名無しさん:03/10/15 21:54 ID:p+ZhMLZX
>>27
更正させるなら罪を償っている意識を
背負う労働の方がよいのでは?
無意味ではない、被害者に
罪を償っているんだという労働が。

働く喜びというのも大切だが、刑務所というのは罪を償う場所であり
喜びを得られるべきところではないはず

アメリカのような無意味な労働はいけないが、
罪を償う為の労働であればよいと思う

30 :朝まで名無しさん:03/10/15 22:12 ID:BfRbP4Fe
殺人者に対して、更正など求める必要はない
極刑がなくなれば、殺人を犯す犯罪者が増えることはアメリカの例をみるまでもなく明らかだ
抑止力という言葉をもう一度考えてみてよ
厳しい刑罰があるからこそ、犯罪を減らすことが出来る
状況にもよるが、少なくとも営利目的で計画的な殺人を犯したものや、衝動的に無差別に殺人行為を行ったものなどは、即死刑だ
当たり前のことが最近は当たり前でなくなってきたことが悲しくないか?

31 :朝まで名無しさん:03/10/15 22:47 ID:dr6R4EpW
★身体の一部を切除する刑★

 憲法で「残酷な刑罰を禁じる」と定められているが、死刑は違憲ではないと判例が出ている。
 生命を奪う刑が合憲なら、まして、体の一部を切除するくらいで生命に別状のない刑は合憲。

32 : :03/10/15 22:56 ID:u3Xof8cO
ひとことに土木っていっても、建築とかに関わられると
手抜き工事になるんじゃ

33 :朝まで名無しさん:03/10/15 23:03 ID:51QUQrV0
死刑と言ってもピンキリだろ。
電気椅子で楽に死なせるやり方もあれば、徹底的に拷問して死なせてクレと散々哀願させた後で死を与えるとかやり方はあると思う。
それをネットで公開すれば、結構抑止力になるのでは?

34 :朝まで名無しさん:03/10/15 23:11 ID:M4AJ8Ue6
両手両足切断陰部破壊両目摘出両耳鼻切断

35 :朝まで名無しさん:03/10/15 23:27 ID:wRx8ltNG
働くことができないのなら材料になってもらう。

36 :朝まで名無しさん:03/10/15 23:50 ID:VGmzPP7/
死刑は実は甘い。
特に最近、自暴自棄になって、死刑ありきで、ムチャする犯罪者もいる。
こんな奴らに死刑は意味なし。
強制的にでも社会に役立たせるべき。
労働力として役に立たなくなるまで、強制労働。役に立たなくなったら、食事も止めて餓死が良い。
最悪、刑務所内労働をしない/できない奴なら、全臓器の提供及び、医療分野等への実験材料に
なってもらうべき。
特に頭の壊れている奴らは、いろいろな研究対象になると思われるので、実験用に飼っておいても可。

37 :朝まで名無しさん:03/10/16 00:27 ID:oaxlM6cZ
この辺りが結論かなと思う。

38 :朝まで名無しさん:03/10/16 00:55 ID:ISQRVThn
結論ではない
結論などない

死刑の甘さは非常に感じる物がある
自殺というものが存在するのだから
死を覚悟でやってしまえばなんでもできてしまう気がする。

それより殺しなどせず、生きながらえさせ労働させるほうが
彼らにとっての抑止力になるであろう。

ただし、人権を考えなければならない。
生きている以上彼らもまた思考ある人間なのだ。

だから最低限、彼らの生活を保障し、
賠償及び懲役の義務を終えるまで働いてもらう。

実際にこの様な考えというか何も具体的にはなっていないのだが
本当に>>1のいうように法改正がなされ、
このような制度のある世の中になれば
安心して暮らせると思っているのは私だけでしょうか?

39 :朝まで名無しさん:03/10/16 03:36 ID:W4duRrUu
TVでしか聞いたことが無いが、「人一人殺しても数年お勤めすれば出てこられる」とか、
「未成年だから、裁かれない」というふうに思っている奴が実際にいるのでは無いかと思う。
ならば、重罪を犯したら、一生刑務所から出られないかも知れない、死んだ方がマシと思えるほどの
強制労働が待っている、と思えば、もう少し重罪を犯すまでのハードルが高くなると思われる。
とにかく、今は、刑罰自体が軽く見られすぎている様に思われる。

例えば殺人の刑罰は禁固100年をデフォルトとし、殺人に至る状況等で減刑。
また刑務所での頑張りによっても減刑を行ない、ムチャクチャ頑張れば、死ぬ前に
刑務所から出られるかも?という程度にしておけば、一応救いの道もあると。
ただし、複数人の殺人等は、人数×刑罰とする。2人以上殺したらまず生きて出られない。
年齢制限は一切無し

ただ、これだと、年寄りに対する抑止力にならないので、別の刑も必要かな?

40 :朝まで名無しさん:03/10/16 08:28 ID:DHmFLixL
まず死刑に代わって何かをするにしても、目的は何か。

復讐や見せしめだと考える人は残酷刑を考える。
しかし公開処刑をしていた中世の治安はそのお蔭で良かったのかと考えると、
見せしめで犯罪が無くなるという論拠はない。
復讐なら結局殺すしかない。

被害者への償いと考えるなら、犯人が稼いでと言うのは一見あり得なくも無いだろう。
しかしそもそも囚人ができるどんな労働なら、自分自身に掛かる費用を上回る収入が有るのか。
囚人一人に現在年間1000万円かかっている。
年間にそれ以上の純益を上げられる、しかも囚人にできる仕事とは何か。
そんな物がある訳が無い。
従って現実問題として不可能。
年間囚人の稼ぐはした金の為に一千万を使うなら、初めから国が被害者に払うほうがまし。

犯罪者の更正の為という考え方もあるが、具体的な意見は出てないし、多分出ない。
犯罪心理学者でも確実な更正の手段なんて判らないだろうし、そもそも個人差も大きい筈。

何の為にという部分と、現在の状況の確認。実行する為の現実的な手段と予算。
そういう部分も考えて提案しない限り意味は無いと思う。

参考までに、囚人の20%は自営作業と呼ばれる炊事洗濯などの刑務所内の作業を、
残り80%が生産作業で、その内20%がCAPICブランドの製品を、
60%が刑務作業という民間からの委託で請け負い作業をしている。
囚人が作った製品、CAPICブランドの製品の売上は年間約130億円だが、
材料費などの必要経費を引いた純益(国庫に入る)は38億円弱。
刑務作業は収入が約80億円。
これを懲役刑の囚人数約3万5千人で割ると一人当たり34万円弱。
これが現実の刑務所の仕事。
一人当たり1000万円使って収入は34万円。

41 :朝まで名無しさん:03/10/16 08:32 ID:DHmFLixL
もう一つおまけに、出所した人間が再入所する割合は45%。

42 :朝まで名無しさん:03/10/16 08:36 ID:ibDU4RDm
初犯は金玉一個摘出。再犯は残りのもう片方摘出。
生殖能力を奪うことはかなりこたえると思われ。
女性の場合は乳房か卵巣の選択権を与える。

43 :朝まで名無しさん:03/10/16 08:42 ID:bjz+nzOX
男で既に無かったらどうすんだ?>42


44 :朝まで名無しさん:03/10/16 09:01 ID:SPBH9z8T
だから私刑を許せばいいんだよ。 すぐ殺してもいいし、終身刑でもいい。被害者次第。 生きたまま臓器移植でもいいし、生きたままちんこ切り取って駐車場から突き落とす、でもいい。 もちろん死刑より重い罰としてね。

45 :朝まで名無しさん:03/10/16 09:02 ID:GcuXi8vT
>>40
何で1000万もかかるんだ?


46 :朝まで名無しさん:03/10/16 09:58 ID:KoPM54Gk
「時計仕掛けのオレンジ」的な、洗脳という手段は検討出来ないのだろうか。
技術的に可能なら、有効に思うのだが。

47 :40:03/10/16 10:57 ID:DHmFLixL
>>45
内訳までは判らないのですが、ざっと挙げてみます。
先ず単純に本人の衣食住等の費用
光熱費や備品等の費用(共同房でもテレビとかあるしね)
医療費(中国人などはこの機会にと放って置いた虫歯などをまとめて治すそうです)
当然ながら健康保険など入ってない(払ってない)人間でもその分税金で賄います
職業訓練費 会社の新人教育に幾らかかるか知っている人なら判るでしょう
ここまでが囚人本人が直接受益する部分
これらに加えて彼らの管理などに掛かる刑務所職員の費用が加わります。
彼らに与える仕事を探す為に企業をまわって頭を下げる人の分も含まれます。
刑務所全体の維持管理にかかる費用もそうだし、刑務所を修繕する費用もあります。
更に囚人は住所がその刑務所になるので、地方税である住民税を国が地方に払います。

こんな話もあります。
地域活性化には空港よりも刑務所?
http://www.janjan.jp/area/0302040546/1.php

もう一つ、刑務労働者を使う事で叩かれることもあるというお話
日本の刑務作業は「強制(奴隷)労働」か?
http://www.jca.apc.org/cpr/nl8/iguchi.html
ちなみにこの中では刑務作業140億になっていますが、より新しい数字はこちら
平成13年度刑務所作業提供事業収支予算概要
http://www.moj.go.jp/KANBOU/KYOUSEI/refer18.html
刑務作業
http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/kyouse10.html

48 :朝まで名無しさん:03/10/16 12:10 ID:X27Ex5Hx
北朝鮮に送る刑

49 :朝まで名無しさん:03/10/16 16:55 ID:GcuXi8vT
そんなに保護されてやがるのか!!
確かに娑婆より天国かもしれねー・・

現在の刑務作業ってどの程度のもんなの?
もっと危険のある作業だとかきつい作業にしても
収益はかわんないの?
監視のシステムを見直して人件費を削減するとか
そういうのも駄目か?



50 :朝まで名無しさん:03/10/16 17:02 ID:93c/nkJ1
モルモットの代わりに新薬の実験台になったり
危険な実験の被験者になって死ぬのが一番世のためになると思う。

51 :朝まで名無しさん:03/10/16 18:26 ID:NdrZvlKU
絶対に仮釈や恩赦のない終身刑、これは作るべきですね。
殺人を犯したものはその人数に限らず終身刑以上と設定すれば間違いなく抑止効果は出る。
無論、過失致死などは別ですよ。
ただし死刑と言う制度は残しておかねばなりません。
使う使わないは別にして、残しておく事に意義があります。
そして凶悪犯に際しては、もっと断固たる姿勢で死刑制度を活用すべきです。
見せしめ効果が後世の犯罪抑止につながると言う事、忘れては成りません。


52 :朝まで名無しさん:03/10/16 18:37 ID:GcuXi8vT
死刑のみが抑止力を持っているとは思わない
見せしめといえど前出の「死をもいとわない」犯罪者には
なんの効果もないと思う

それなら無価値なただの収監より
何かしらの形での被害者への賠償があったほうがいいと思われ
犯罪者が苦しむうんぬんより、被害者(遺族含む)が救われるように


53 :朝まで名無しさん:03/10/16 19:10 ID:pWhZL1sj
6. 犯罪抑止議論
死刑が他の刑罰よりも有効に犯罪を抑止するという説得力ある証拠は、
科学的研究によっては一貫して得られていない。1988年に国連
(訳注:国連犯罪防止・犯罪統制委員会)のために行なわれ2002年に改訂された、
死刑と殺人発生率の関係についての最新の調査結果報告書の出した結論は
「死刑のもたらす脅威やその適用が、より軽いと思われる終身刑のもたらす
脅威やその適用よりもわずかでも殺人に対する抑止力が大きいという仮説を
受け入れるのは妥当ではない」というものだった。


54 :23:03/10/16 19:12 ID:b1ukJaLo
上の23のカキコは働いた時間を2時間マイナスすると、丁度俺が
土方やってたときのスケジュールなんだが、働いていた時はつらくて
早く辞めたい休みたいだった。今でももう二度と土方せんぞと思ってるけど
それでも道路の拡幅工事かなんかやってて右に寄れとか旗ふってるヒトや、
型枠組んでるヒトとかみると、ああ頑張ってるなあとか単純に思うし、
俺が働いてた現場今はアスファルト敷かれて道路になってるんでたまに通ると
ああここはって思う。
無意味な苦役を強いるんじゃない、いずれ誰かのためになるなら
十分意味あると思うがな。

55 :朝まで名無しさん:03/10/16 20:16 ID:DHmFLixL
>>49
刑務作業では例えばこんな物を作ります。
http://www.keimusagyo.go.jp/seihin/seihinSearch.asp
法務省矯正局のHPの刑務作業からの抜粋ですが、
「8 作業時間
 受刑者の作業時間は,原則として,1日につき8時間,1週間につき40時間と定められています。

9 作業賞与金
 作業に就いた受刑者等には,作業賞与金が支給されます。作業賞与金の支給は,原則として釈放の際,
本人に対してなされますが,在所中であっても,その趣旨を損なわない程度で,
所内生活で用いる物品の購入や家族あての送金等に使用することも認められています。
 平成14年度予算における作業賞与金の1人1月当たりの平均計算額は,4,215円となっています。」

要するに週休二日で8時間労働、残業などもありません。
いくら安くても囚人を使っているというイメージの低下を恐れる会社の方が多いので、
仕事を確保する事自体が大変で、結果的に仕事量が少なく作業も楽です。
満員電車での通勤も無いし、シャバの会社員より余程楽だと思います。

56 :朝まで名無しさん:03/10/16 20:34 ID:DHmFLixL
囚人を外に出す訳には行きません。
例えば事故を起こしたらどうするのかとか(当然国が賠償する事になります)、
脱走をさせない為には監視が多数必要であるとか、
しかも民間人と接触しないようにしなければならないとか問題が色々あります。
要するに仕事に責任を持つ事が前提で社会が動いている部分を、
囚人相手だと信頼して任せて良いのかどうか怪しい事が問題です。
自分の人生と社会に対して最低限の責任を持った人間なら、
そもそも犯罪者になどならない訳ですから。

昔は北海道の開拓とか炭鉱とかきつくてしかも逃げ出しにくい仕事もありましたが、
今の日本で囚人にさせられる様なキツイ仕事は中々ありません。

仮にキツイ仕事が有ったとして、囚人は働くでしょうか。
例えば普通の社会人が月に残業100時間とかでも頑張るのは、責任感や義務感、
更にはそんな条件でも働かない限り食って行けないからという事情があります。
しかし囚人はもう嫌だとなればわざと怪我でもすれば唯で病院に入れて食べ物も出ます。
それこそ奴隷のような労働をさせるには強制力が必要ですが、そんな物はありません。
だからと言って働かなければ鞭打ち、見せしめに銃殺も有り、というソ連のような事をすれば、
アムネスティーあたりがすっ飛んでくるでしょう。
囚人の労働の為に国際的な日本のイメージを低下させる事が見合うとは思えません。

例えば裁判中に被害者の親に、子供を殺されたおかげで儲かったなとか言う宅間のような人間に、
そういう仕事をさせるのだと言う事を考えなければなりません。
或いは釈放されたその日に被害者の所に行って、
お前が訴えたせいで牢屋に入れられたと言って殺すような人間にです。

57 :朝まで名無しさん:03/10/16 20:47 ID:ISQRVThn
では罪を犯した人間をどうすればよいでしょうか?

2chでやかましいぐらい言われている犯罪者=即死刑。
ここで言われている受刑者を使役した強制労働。
気楽に十分良い暮らしのできてしまう現在の刑務所。

ただ、今の制度だとほとんどの被害者は救われないでしょう
それを仕方がないと諦めるのであればいつ被害者に
なるやもしれない今日、生きていくのは非常に不安ですな。

58 :朝まで名無しさん:03/10/16 21:22 ID:/lvtipRX
加害者に与える刑罰の話と、被害者の救済を一緒にするのは、正しいのか?

自分の家族が危害を加えられたらそりゃ腹が立つし、場合によったら
復讐したいと思うだろう。それは分かる。しかし、復讐は「救済」じゃない
しな。「被害者の救済」って、どうすればいいと思うね?

話はそっからじゃねーの?



59 :朝まで名無しさん:03/10/16 22:33 ID:+Uj9/VlO
死刑廃止して死刑の代わりに終身懲役を持ってきたとしよう。
その際にかかる費用はどのくらいのもんなの?
そしてその受け皿はあるの?
全国の刑務所や刑務官が不足している今、そんな余裕はないでしょう。
殺人を犯した極悪、凶悪犯が全員終身刑となると、刑務所は今より危険な場になるね。
奴らが考えることはみな同じ。脱獄だ。
刑務官を襲う事件や暴動がおき始める。
反対に刑務所の外から協力者がテロ行為で刑務所を襲撃する事もありうる。
麻原が死刑にならずに一生ムショで暮らすようになれば、
そんな奪還計画を企てるキチガイも出てくるだろう。
死刑制度は伝家の宝刀だ。そこに存在するだけで価値がある。
これをなくすと歯止めが利かなくなることくらい想像つくだろう。

60 :朝まで名無しさん:03/10/16 22:57 ID:8JUlPDRC

長野県生坂村のダムで1980年3月、同県麻績村の会社員小山福来さん=当時(21)=が殺害された事件で、
殺害を告白した男が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで愛知県警に逮捕されていたことが16日、分かった。
男は住所不定、無職太田健一容疑者(53)。覚せい剤取締法違反の罪で高松刑務所に服役中、殺害を告白。
今月11日に出所したばかりだった。
県警の調べでは、15日午後9時ごろ、愛知県新城市の林道で脱輪している乗用車を近くに住む人が発見、
110番した。新城署員が駆け付けると、現場に太田容疑者がいて、ふらついていたことから同署に任意同行した。
尿検査で覚せい剤を検出。16日午前、同容疑で逮捕した。
太田容疑者は調べに対し、「何も話したくない」と供述している。車は盗難車とみられ、同県警は出所後の足取り
を調べている

61 :朝まで名無しさん:03/10/16 23:12 ID:KUjUjH7B
死刑廃止論で必ず抜けているのは、内乱罪、外患誘致罪の国家的犯罪。
これをどうするのだろう。

成功すれば英雄、失敗しても国が刑務所で守ってくれる。
ローリスクハイリターンだよなこれ。

62 :朝まで名無しさん:03/10/16 23:22 ID:ISQRVThn
>>58のいうように被害者の救済が一番大切だと思うね
ただ>>58自身が言ってるように死刑や拷問による復讐と
救済は違うと俺も思うよ

だとしたら救済とはなんでしょう?


63 :朝まで名無しさん:03/10/16 23:28 ID:Su01A2mx
>61
死刑か無期禁固というのが・・・

64 :62のつづき:03/10/16 23:31 ID:ISQRVThn
まず被害者が安心して暮らせる心のケア・環境作り
それからお金での賠償、加害者による謝罪

でも現状でお金がない加害者はそこでおしまいなわけで
被害者は泣き寝入りなわけじゃんか
そんで加害者は刑務所でのうのうと暮らして
また犯罪に巻き込まれるかもしれない
治安の悪い世間で被害者は生きていかなきゃいけない

やったもん勝ち


途中で切れてスマソ


65 :朝まで名無しさん:03/10/17 00:27 ID:oQFoKSJV
ムショに入ってるやつに年間1000万もかかるってか?
毎日酒のんで毎週競馬してテキトーにオネーチャンの店
いってても年間500万もかからんぞ俺は。

66 :朝まで名無しさん:03/10/17 00:37 ID:YBHvKcFY
毎日2chやって毎週エロ動画集めてテキトーにオナニー
してても年間100万もかからんぞ俺は。

67 :朝まで名無しさん:03/10/17 11:34 ID:6tLpbH6C
加害者が稼いだ金を振り込まれたところで俺は使えないな。 君ら神経おかしいよ。 というより真剣に考えてるようで結局はどこか他人事だからそういう発想しか出来ない。 別に俺は被害者でも被害者遺族でもないけどさ。

68 :朝まで名無しさん:03/10/17 11:44 ID:6tLpbH6C
というか俺はこんな死刑だ刑罰だの結果よりも
裁判自体の過程の方が遙かに大事で問題があると思うけどね。
金(弁護士)次第で黒が白に、悪くても減刑される裁判なんて笑っちゃうよ。
情状なんていいよ、罪を犯したら諦めてもらって、その犯した罪に罰を当てはめなよ。
予測の出来なかった過失なんてのはかわいそうだけどね。まあ例外でもいいし。

69 :朝まで名無しさん:03/10/17 13:14 ID:fPzECudI
被害者の遺族にも色々な考えがあって、
犯人からのお金なんて受け取れないという人もいる。
逆に毎月何十年も払い続ける事で自分の犯した罪を記憶して欲しいという理由で
犯人からのお金を受け取る遺族もいる。

但し改悛の情を示す為という理由で裁判中からお金を払って、
裁判の道具として使われる事もあるのも事実。

被害者のケアはもっと国が積極的にやって良いと思う。
遺族などに国がお金を払う事に反対する人間もいるが、
その家族にとっては行き成り医療費や葬式費用等の百万単位のお金が必要になる。
被害者が一家の大黒柱だった場合など、それからの生活も考えないとならない。
感情の問題など心のケアの問題もあるが、同時に被害者や遺族にも現実の生活があり、
犯罪の被害者になると言う事は、突然そういう生活のリズムが崩れ、
経済的にもダメージを受ける事なのだと言う点を考える必要があると思う。

70 :朝まで名無しさん:03/10/17 13:54 ID:b+Sy2DRt
先日の「犯人が人を殺すのは簡単だが、国が死刑判決を出すのは大変なことだ」
という裁判長発言を聞いて
漏れはこれは「死刑にしたけりゃ、自分でおやり」という意味なんだとオモタ
「何故こんなことで」って理由で殺人したり、訳わからん犯罪が増えすぎて
第3者が客観的に罪を裁くなんてもう無理なのかもしれん
で、死刑を望むなら被害者遺族が自分で殺れ、と。


人を殺すのは、簡単なんだからな。

71 :朝まで名無しさん:03/10/17 17:24 ID:8ciEvkM1
>>67
他人事かもしんねーけどちゃんと真面目に考えてるぜ

被害者が金を受け取らないのは
被害者の自由だと思う
でも多くの被害者が生活に困ったりする以上
賠償ってのは大切だと思うぜ

でも俺らが語ってんのは金だけの話じゃなく
これから犯罪に巻き込まれる恐れのある我々が
どういう制度なら安心できるか納得できるか
という側面もあるんだな

それもふまえてやってくれよ

72 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/10/17 17:42 ID:M0L+1PxF
犯罪抑止の根本は道徳だろう。
それは時間がかかるが、せめて方向だけでも。

取りあえずの処置としては割れ窓理論に基づいて、軽微な犯罪をこまめに
取り締まる。これでニューヨークやロスは劇的に犯罪を減らせた。
日本でも大阪、札幌ススキノで強盗や殺人を大幅に減らすことに成功している。
今は、逆。大きな犯罪だけ追い回し、小さな犯罪は放置。これでは増えるだけ。
増えれば手が回らず検挙率が落ちる。落ちれば犯罪は更に増える。




73 :朝まで名無しさん:03/10/17 17:51 ID:8ciEvkM1
そうだよな。
車上荒しとかつかまんなくて当たり前だし、
これじゃあまさにやったもん勝ち
なにやっても捕まらないような気すらするわな



74 :朝まで名無しさん:03/10/17 18:20 ID:PeYsSMvy
>>72
ニューヨークやロスの犯罪が減ったのは、そのような努力もあるだろうが
景気がよくなったことに起因する方が大きい。

75 :朝まで名無しさん:03/10/17 21:44 ID:w9HKZNy/
じゃあどうすりゃ犯罪発生率は減る?

効果的な手段として刑罰の法改正はやはり妥当だと思われ
現に飲酒運転の罰金をあれだけガツンと引き上げたら
死亡事故激減したじゃん

検挙する警察の働き自体も大切だろうと思うけど
根本的な刑罰の法改正の必要だと思う

ってかなんか飲酒とかと違って
この犯罪を犯したらこうなるって
あんましイメージわかないよね
ホントに法を扱って仕事してる人以外は
その辺を良く知らなくてメディアの情報を
鵜呑みにしてる奴って多いんじゃない?

だからやったらこうなるぞってのを
普遍的に知らしめなきゃいけないんじゃない?
そうすれば人間心理の中で
「つかまったらこうなるのか・・・やだな」
って思いとどまらせる部分も出てくると思う

それがすべての人に有効な抑止力かと言えば
そうは思わないけど大多数の人には有効だと思うのだが

長文すまんね

76 :朝まで名無しさん:03/10/17 21:55 ID:1P7LBxhr
厳罰の中味が問題だ。

77 :格安だからどこの国もやりたい:03/10/17 22:06 ID:GXtTz3s6
>>1
ある意味奴隷制度の復活だから
輸出企業の工場で使うと相手国に製品をシャットアウトされるだろ?

かといって国内で使うと他の業者間で不公平感が出る

まあ学校で使う机や椅子の製作など国内のインフラ関連だけに絞るのが妥当だろ

78 :T:03/10/17 23:46 ID:kRTGlywy
ガイシュツだろうがロボトミー手術

刑罰が重ければ犯罪が減るなんて事はないよ
そーゆー損得計算ができないバカが犯罪を犯すんだし(w

79 :朝まで名無しさん:03/10/17 23:56 ID:5wxHGstI
>1
手足を縛り猿ぐつわをし
夜の歌舞伎町にて野ざらしの刑。
うーん楽しそう。



80 :朝まで名無しさん:03/10/18 00:02 ID:T4uuDBdi
死刑が増えれば
再犯率は減るわな。
それからなんだか曖昧になった倫理。
これって
親の力が弱くなったことに
起因してるような気がするんだけど、
少しはよくなるんじゃないの?
悪いことすりゃ死刑だぞって教育できるじゃんか?
だめだよ、14歳までは死刑なんてないとか言っちゃあ。
ガキの行動を規制するのは恐怖しかないんだから。

81 :朝まで名無しさん:03/10/18 01:35 ID:/3Tensvh
被害者への金銭的な保証は難しいので、やはり刑罰を重くして精神的な救済しか
無いと思う。
刑罰の方向としては、
基本的には収監年数を増やすのが一番なのだが、現状のままだと維持費がかかる。
人権など無視して、看守の人件費のみとし、刑務所内は自給自足させる。
たぶん、無人島に放置して、島から逃げないようにだけ監視すればよいかと。

もう一つの方向として、江戸時代とかにあった様だが、犯罪が確定した時点で
刺青を目立つ場所に入れる、もしくは、指や腕などを切断する。
目をつぶすというのもありかと。
およそ、二度と犯罪の起こせない体にして、当然障害者としての保障もなしにして、
社会に放逐。

死刑は重罰とは思えないので、上記刑罰とするのが良いと思う。

82 :朝まで名無しさん:03/10/18 02:14 ID:vzPP5gAd
軽微な犯罪も厳しく取り締まるは賛成だ。
感情的には大切な人が殺されたり暴行されたら犯人を殺してやりたい
と思うのは普通だが、車上荒らしやひったくりされても同じだ。
一生犯罪する側にいない人間からすればどんな軽微な犯罪でも
身の周りでおこれば一緒なんだ。


83 :朝まで名無しさん:03/10/18 03:16 ID:NJp65b0B
死刑がある事で犯罪が減る部分もあると思う。
やくざなんかがそうで、死刑だけは怖いと言うらしい。
何の計算もできない犯罪者もいれば、
逮捕される可能性や刑罰まで考えて犯罪をする人間もいる。
少年法が問題になっているのも、それを盾にして重罪を犯す子供がいるからだ。
少年でも大人と同じ法律となれば減るのは確かだと思う。
それでも減らない部分はあるだろうし、そこを減らすのはまた別の方法だろう。
しかし逆に教育や躾だけでどうにかなる段階では無いと思う。
犯罪を減らすには幾つもの方法があるだろうが、どれか一つだけで十分という事はないだろうし、
どれが効果的かとか議論している程悠長な状況でもないと思う。
安全な社会にする為に必要な一つの方法として、重罰化もするべきだと思う。
しかしそれだけで十分と考えるのではなく、刑務所内での矯正の方法や、子供の教育なども
考える必要はあるだろ。

84 :朝まで名無しさん:03/10/18 09:54 ID:QZzFGPTs
 まー結局、死刑を廃止しようがしないが犯罪者は必ず発生するって事だね。
それよりも、グローバル化してるのだから罰則も海外と歩調をあわせる時代に
なったのかもしれないね。
 裁判は日本がするが執行は出身国で行えれば楽なんですけどね。

85 :朝まで名無しさん:03/10/18 16:04 ID:ocB99JGo
 でも、死刑に関する本にこういう記述がありますよ。 
 遺族の中にはこの様に語る方々もいます。「私達の生活はめちゃくちゃになっていて、もう二度と
微笑む事等有り得ないと思っていた程でした。そんな状態では死刑執行では私の痛みを和らげる事は
出来ない」「犯人が憎いのはどんな遺族でも同じ。しかし犯人が死刑になっても死んだ人間は戻って
こない。ならば生きて罪を償ってほしい」
 被害者遺族はマスコミや周囲の人々によって二重に傷つけられる。新聞やテレビは、被害者につい
ては写真を添えて、実名で報道。更に事件とは直接関係ない私生活まで暴かれる。少しでも加害者に
同情的な発言をした遺族は「殺されても悔しくないのか」「本当に子供を愛していたのか」と抗議・
嫌がらの電話が殺到。これでは、「死刑しかない」と追い詰められる。

86 :朝まで名無しさん:03/10/18 16:21 ID:ocB99JGo
 真に被害者を救うには、精神的に犯罪被害者を支援する組織、プログラムを充実
させることが重要。
 金銭面ではアメリカ司法省・犯罪被害者対策課の予算の9割が犯罪者の罰則金。
 じゃあ殺す側はどうなのか。刑務官は毎日死刑囚とともに過ごし、日々交流を持つ
。そしてある日突然殺す側に回らねばならない。刑務官は公務員の為、業務内容の守
秘義務があり、仕事をやめた後も守らねばならない。公に死刑執行について語れない。
 「いっそのこと死刑囚と一緒になって、執行は嫌だ、やめてくれとわめく事が出来た
ら、と散々思った」と元刑務官は匿名で語った。仕事を変われば良いというのは経済状
況で出来ない人もいる。
 
 僕もこう考えますがどうっすか?僕としては死刑は逆に色々な人を追い詰めているとし
か考えられないんですけど。

87 :朝まで名無しさん:03/10/18 16:28 ID:Y/mebUIc
被害者が死刑といったら死刑にする。

88 :朝まで名無しさん:03/10/18 16:43 ID:+RV44CWV
刑務官が死刑の執行を行うのが精神的に苦痛ならば、
いっそ被害者の遺族にやらせて頂けないでしょうかね。
絞首刑のスイッチを入れるだけでなく、いっそノコギリ引きで。
「苦痛を伴う刑の執行」は国際的に駄目なんでしょうがね。


89 :朝まで名無しさん:03/10/18 17:21 ID:TLl/KrT2
 88さん、でも、人を殺されている遺族が人を殺す事が出来るんでしょうか。俺は出来ないと思います。
人を殺す残酷さを知っている人間にそんなこと出来るとは到底思えないんですけど。

90 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:03 ID:OGAS8xBL
>>89
もしそうなら仇討ちなんて言葉は
この世に存在しないわけだ。

91 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:08 ID:Cjhj7EAU
「動物園に入れる.」

これ最強.

92 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:10 ID:0nsRa1wt
利己的理由で意図的に殺人を犯した人間は
例えどのような悲惨な人生を送ってきたのだとしても


その被害者(殺された人)に被害回復の機会を与えることが出来ない以上、
更生の機会を与えられるべきではないと思う。

そう思わない人は廃止運動に頑張って下さい。

なぜ更生の機会を与えるべきか?という説明なら聞く気はあるけど
それ以外には興味がありません。



93 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:10 ID:OGAS8xBL
死刑に反対している人って宗教の人?
執行人の懊悩だ、残された被害者家族の救済だってのは
まったく別の話でしょ?


94 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:37 ID:tqOmX8Yk
死刑は国家による殺人。
廃止せよ。


95 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:42 ID:rJw/DMkT
92さん、じゃあ死刑をしたら必ず100%被害者は精神的に救われますか。もっと精神的に追
い詰められんじゃないかと思いますよ。この文面を見てる限り。それに仇討ちていう言葉は
武士社会の時代の言葉です。あの時代の考え方と現在の考え方は少なからず違うはずですよ
。受けてきた教育も違うし。
 犯罪者の更生が出来ないというのであれば、終身刑に処せば良いと思います。実際に他国
ではやっている訳でしょ。
 それに僕は無宗教です。執行人の苦しさ・被害者家族の救済ってのは死刑制度って意味では
同じ話ですよ。それに伴っての話ですから。

96 :朝まで名無しさん:03/10/18 18:57 ID:Y0XPBKZj
>>95
私が言う「被害者」というのは

「殺された人」のことです。

そう書いてますよね?

97 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:04 ID:Y0XPBKZj
私にとっては
「死」というものはそれほどの重みがあります。

被害者遺族の感情は様々なのでそれを廃止の理由には
出来ないと思います。

アナタは必ずしも更生の機会を与える必要は無いと考えているということで
よろしいですか?
執行人の苦痛が、「死刑」廃止」の理由だと理解しますが
それでいいですか?

私はそれほど苦痛であるなら止めるべきだと思います。
経済的理由は理由にならないと思います。
ある個人の経済的問題を制度の廃止の理由には出来ないと思います。



98 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:06 ID:OGAS8xBL
なんだか薄気味悪い哲学の持ち主がいるぞ。

99 :98:03/10/18 19:09 ID:OGAS8xBL
ああ、薄気味悪いのは>>96ね。


100 :98:03/10/18 19:10 ID:OGAS8xBL
あ、誤爆。
>>95


101 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:13 ID:Y0XPBKZj
被害者(殺された人)は社会から抹殺され
その責任を負う者が社会に復帰すべく教育を受けるというルールは
私には受け入れられません。

私は殺人者が生来悪であるとは考えていないし、
犯行前に機会を与えられていたら殺人を犯しはしないだろうと信じています。
それほどまでに壊れる以前に救済の手を差し伸べる
そういう社会体制にすべきだと強く思います。

しかし人には責任というモノがあり
為してしまった以上、酌量の余地はないと思います。

被害者は彼らの人生を酌量されはしなかったのです。

102 :Sea of Japan:03/10/18 19:16 ID:A/EApXF4
性犯罪を繰り返すヤツには断種手術とか有効かと、

103 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:25 ID:Y0XPBKZj
現在の社会は
殺害者の救済を考える以前に
殺害者予備軍たる不幸な子供達の救済を考える体制になっていないし
建前はともかく実質的にそういうコンセンサスもありません。

これは酷く偽善的で不整合な状態だと思います。

まず防止の為にそれがなくても
理不尽な状況で苦しむ人々を救済するそういうコンセンサスをもった社会であるなら、
その網から漏れた人々に救済の手を差し伸べるべきだという主張も不合理だとは思いませんが、

そういう社会ではないと思います。

104 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:41 ID:vfTwWIDg
「殺害者予備軍たる不幸な子供達」ってなんだ?どんな子供だ?
そんなやついるんだったら殺人犯したら自分も殺される
とか一生人権を剥奪されてクソ以下の扱いされるとか
実例をもって教える必要がある。

遺族が最終的に望むのは殺人が繰り返されないことではないか。


105 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:45 ID:iw1sfMtX
100が気持ち悪い・・・っていうかキショイ・・・

106 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:48 ID:Y0XPBKZj
>>104
他人の存在が自分にとって喜びであり得ると信じられない子供。
自分の存在が他人にとって喜びであり得ると信じられない子供。

絶望しようと努力せざるを得ない子供。

>クソ以下の扱いされるとか
>実例をもって教える必要がある。

クソ以下が自分の当然の扱いと信じてる人間には意味が無いけどね。

>遺族が最終的に望むのは殺人が繰り返されないことではないか。

それは本当にその通りだと思う。



107 :朝まで名無しさん:03/10/18 19:54 ID:W2JVNoeR
>>106
すなわち親が悪い、とかなって、
なぜならそいつの親が(ry
という感じで延々とループになる気が。
間違ってはいないと思うが。

どの時点で間違ったかに寄るのかな?

108 :朝まで名無しさん:03/10/18 20:01 ID:Y0XPBKZj
>>107
親の問題は大きいが、それが全てとも思わないし、
それも含めて限りなくループに近くなるとも思うけど
何故、なぜがと追っていく過程で見えてくるものもあるだろうと思う。





109 :107:03/10/18 20:01 ID:W2JVNoeR
読んだばかりで脊髄レスしてしまっかもしれん。


110 :朝まで名無しさん:03/10/18 20:58 ID:Xu/pID/c
『死刑』は『合法殺人』だよ。
倫理的に考えて『殺人』に『合法的一面』を残すべきかどうか?
『合法殺人』を肯定するのなら『報復殺人』を酌量の対象とする旨を刑法に加えるべき

111 :朝まで名無しさん:03/10/18 21:08 ID:fLIyV0hT
>>110
死刑が合法殺人なら犯人狙撃も合法殺人だな。
人質にむかって銃を撃とうとしてる犯人が居て、
狙撃可能な場所が頭部しかなかったらそれは禁止すべきか?

>『合法殺人』を肯定するのなら『報復殺人』を酌量の対象とする旨を刑法に加えるべき

なぜ?


112 :朝まで名無しさん:03/10/18 21:19 ID:fLIyV0hT
ちなみに報復監禁も報復窃盗も許されてはいないわけだが。


113 :95:03/10/18 21:38 ID:c1Q/D9rw
97さん 執行官の事はそういう事です。まずは。しかし僕自身思うのは犯罪者ってのは死ねば罪を償
う事になるのかと言う事なんです。もし更生の余地無しなら終身刑にする。それこそ社会に出て来た
ら危険ですから。残念ながら。
 他人の存在が自分にとって喜びであり得る・自分の存在が他人にとって喜びであり得る事が信じられ
ない・絶望しようと努力せざるを得ない子供何て沢山いる様な気がするんですが。だからこそ「人間不
信」何て言葉があるんじゃないですか。子供に限らずですよこれ。社会が救済出来る体制になってない
からと言って、個人に責任を負わせすぎと思いますよ。どういう状況で、どういう気持ちで、と言う事
も勿論加味すべきですよ。
 それに、死刑にする基準だって曖昧なものですよ。結局は裁判官の主観に頼る部分も大きい。
 108で書いたらした事は大賛成です。こういう事が「殺人予備軍の子供」を社会が救済出来る体制も
完全ではないけど整うと言う事ではないでしょうか。


114 :95:03/10/18 21:43 ID:c1Q/D9rw
111さん あくまでケースバイケースですから仕方の無い場合だってありますよね。でも、死刑
とこの状況は全く違うので、死刑には反対なんです。

115 :朝まで名無しさん:03/10/18 21:59 ID:TeVzgZcB
>>114
君は>>110なのか?

彼の主張は
>倫理的に考えて『殺人』に『合法的一面』を残すべきかどうか?
という事だから、要するに
「ケースバイケースで許していいのか?」
って問題提起だよ。


116 :朝まで名無しさん:03/10/18 22:05 ID:TeVzgZcB
>>113
君は相手の趣旨を理解してからレスするべきだと思うよ。
ネタでやってるんでなければ。



117 :95:03/10/18 22:12 ID:c1Q/D9rw
115さん、116さん、すんません、失礼しました(汗汗)その通りです。激しく同意って奴です(焦)

118 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:26 ID:vfTwWIDg
他人の存在が自分にとって喜びであり得ると信じられない子供。
自分の存在が他人にとって喜びであり得ると信じられない子供。

確かにこういう子供は救済されなければならないが、こういう子供が
イコール殺人等犯罪に走るというのも短絡的では。ほとんどの犯罪は他人に被害を
与えることであり、困難ではあるが他人と極力関わらないように生きていくことも
不可能ではない。罪を犯さずに生きていくことはもっと簡単で、誰でも可能だ。
他人に被害を与えたらそれ以上の不利益が自分に返ってくることを現実的に認識さ
せることが必要。未成年で罪を犯す人間はどこかで未成年だから厳しく処罰される
ことは無いと考えている。

119 :95:03/10/18 23:34 ID:c1Q/D9rw
118さん、激しく同意。ちょっと「他人の存在〜」では僕も偏見が有りますね。直さないと。


120 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:37 ID:NJp65b0B
刑務官の精神的な苦痛については、死刑の執行者を囚人にやらせれば
良いんじゃないかな。
死刑囚に死刑囚を処刑させる。
死刑囚にとっては自分もそうなるんだという事を理解させる
良い機会になるだろうし、そこから自分のやった事を考えるべきだと思う。
残酷と思うかもしれないけど、死刑判決を受けると言う事は、それ以上に
残酷な罪を犯している筈なのだから、自分のした事を理解させるべきだと思う。

121 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:38 ID:vfTwWIDg
刑罰としての殺人は、罪のない人が被害者になるのを防ぐためであるならば正当だ。
死刑にするよりも強制労働などの方が少しでも被害者への賠償になるのであればそうすべき。
その手段を考えようというスレではないか?

122 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:39 ID:XNsktF0W
宅間守のように、死刑を自殺の道具にするような輩が出て来ると、その
意義が疑われて来るのもまた事実ですけど。
(今回は代償としての死を恐れず犯罪を犯す人間が現れた、という点で
意義が全く失われてしまった)

123 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:44 ID:TeVzgZcB
>>122
失われるのは予防効果としての意義だが
そのような人間に意義を持つ刑罰なんてあり得るの?

の死刑は別に苦痛を与える事が目的ではないし、
犯人をこの世から排除する事が目的で
彼は二度と犯罪を犯す事は出来ない。

なんで意義が全く失われてしまったとかいう話になるのか
皆目理解出来ない。

124 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:45 ID:vfTwWIDg
死刑以上に過酷な刑罰=犯罪抑止も考えようというスレではないか?

125 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:47 ID:TeVzgZcB
>>122
君は本気で死刑が無かったら宅間が同様の犯行を犯さなかったと思ってるのか?
なんでそんな事が言い切れるんだ?

死刑があろうと無かろうと彼の人生は同じものだし
同じ歪んだ心をもち、歪んだ怒りを社会に持ってるだろう。

その彼が死刑が無いというただそれだけで
おとなしくしていたと本気で言ってるのか?

126 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:49 ID:TeVzgZcB
>>124
そうかすまん。

場違いだな俺は。

127 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:50 ID:XNsktF0W
>>123>>125
死刑があろうがなかろうが、宅間みたいな人間が今後現れない、という保証はないでしょう。
それでも死刑が有効だと思いますか?

128 :95:03/10/18 23:50 ID:c1Q/D9rw
 もう僕自身としては122さんの仰る通り、死刑に犯罪の防御能力何て無いんじゃないかと
思います。145名の殺人犯に面接して尋ねた例文が有るんですが、全員死刑を承知して、し
かも犯行前に念頭に浮かべた者はいなかった。犯行中に死刑を考えたが、犯行を中止しな
かったとの事です。このデータだと効果が無いとしか言えないと思います。
 死刑の場合、誤判の場合の取り返しが付かないとも有ります。
 僕もそう思いますがどうですか?


129 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:53 ID:9RRSb41T
だろうねえ

130 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:55 ID:oD20gAje
死刑が絞首刑だから、痛みが無く死ねると思う殺人鬼もいるかもな
死刑の方法を生きたまま四肢切断とか残酷にすると
またプロ市民が騒ぎ出すだろうね

131 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:57 ID:vfTwWIDg
死にたいと思う人間はたくさんいるだろうし強制労働も厭わないという人間もいるだろう。
労働でありながら圧倒的な犯罪抑止効果も併せ持つ究極の刑罰、それは何か。
建設的な意見を。

132 :122:03/10/18 23:58 ID:XNsktF0W
>>128
おっしゃるとおり。
先日、「世界」で知ったのですが、「袴田事件」というのがあるそうです。
(被告名の“袴田巌”で検索してみて下さい)
覚えのない罪で死刑判決を受け、処刑の恐怖から統合失調による
人格分離障害を起こしているとか。(35年に渡って収監中)

133 :朝まで名無しさん:03/10/18 23:58 ID:TeVzgZcB
>>127
宅間がこの世から居なくなる事に関して明らかに有効。
全ての人間が宅間ではないし、むしろ少数派じゃないの?

あらゆる人間に完全に有効な刑罰って何?
>>128
ネタなのか?そうか

134 :95:03/10/19 00:04 ID:zhvQbvgc
133さん 一番良いのは、もう更生の可能性が無いのなら、終身刑。そして労働で稼いだ金を
遺族の補償金に当てる。
 有効な刑罰も去ることながら、犯罪予防も考えた方が良いと思います。一方的なアプローチだけ
では無理と思う。

135 :95二重ごめん:03/10/19 00:07 ID:zhvQbvgc
132さん 紹介有難うございます。

136 :122:03/10/19 00:08 ID:Oh3c3Azm
>>130
「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」
―日本国憲法第36条

なぜ“プロ市民が騒ぐ”のか、説明して頂きたい。

137 :朝まで名無しさん:03/10/19 00:11 ID:0scNi+fi
「ファイアーダンス」
 ガソリンをかけ、火だるまにしてやれ

138 :朝まで名無しさん:03/10/19 00:14 ID:LHoelTKR
>>134
ゴメン。

なんか気持ち悪いんだよ君らのやり方が。
煽り抜きで。

まあそれで何が出来るか知らんけど頑張ってね。


139 :朝まで名無しさん:03/10/19 00:17 ID:WZbVgd16
>110
死刑ばかりではなくて、正当防衛や安楽死・尊厳死など正当化
される余地のある殺人は他にもあります。
殺人に”許される領域”を作ることは国民の大多数は常識的に
是認していると思います。all or nothingな問題設定は、実
社会から遊離しすぎています。キリスト教圏の国でも、実社会
では”許される領域”を認めているように思います。

このような発言はルール違反でしょうか?

140 :朝まで名無しさん:03/10/19 00:18 ID:72BMMlO7
■□◆復讐ダイナマイト◆□■関連リンク⇒ http://blacklist.jp/
-----------------------------------------------
●異性に身体や心を玩ばれた●妊娠させられ逃げられた●二股を掛けられた、
●恨み、憎悪というのは、期間が長いほど、大きくなるものです。
そして、トラウマも大きくなり精神的に支障をきたしていきます。迅速解決◆
■別れさせ屋■復讐代行■
http://www.999999999.jp/cgi-bin/upboard7.cgi
◆完全一任コース◆◇◆10万円◆◇◆
----------------------------------------
----------■呪殺代行■呪屋本舗■----------
恋愛の縺れ・略奪・不倫・裏切り・不誠実・人間関係全般・・・
様々、お悩みの方、呪術の力で祈念代行致します。
◆波動呪術◆ http://www.999999999.jp/
-------------------------------------------------

141 :95:03/10/19 00:33 ID:lFN7H9/1
139さん 全然そういう発言は大丈夫と思います(てか僕自身かなりはずれてます(笑))確かにオランダ等でも尊厳死
が認められたりして、殺人の「許される領域」というのは広がっているとは感じますが、でも死刑とは状況が違い
過ぎると思います。

142 :朝まで名無しさん:03/10/19 00:48 ID:hyKjkWCj
死刑って何の為にあるのだろう?
一応、一番重い罰として用意されていると思うのだが?
しかし、今の世の中、死刑というのは、果たして一番重い罪なのだろうか?
そう考えると、死刑なんて甘いと思う。
なので、一生収監や拷問刑に至るのではないだろうか。
生かしておけば、微々たるものではあるが、被害者に対する保障も行える可能性がある。
ちなみに、私は死刑廃止派ではない。もっと重い罪を用意しよう派かな
それから年齢制限は廃止派。

あと、懲役刑も短いと思う。今人生80年くらいだし、1.5倍から2倍していいのではないだろうか?



143 :朝まで名無しさん:03/10/19 01:02 ID:kpLhL1eq
>142 そうだね。犯罪者に言いたいのは、死刑で簡単に死んで罪償ったとは思うなよだね。その
後、被害者家族は一生その痛みを背負ってく。死刑は僕自身も軽いと思う。拷問は批判が来るとし
ても、一生豚箱入ってろよと言いたいね。人を殺したんだという罪悪感に気付いて、一生背負え。
そして、苦しんで誰も傷つけず、誰も悲しませず死んで行け。これって下手すりゃ一番きつい事と
思いますけどね。死刑何かより。

144 :朝まで名無しさん:03/10/19 01:09 ID:M6j1Hq2W
昔はスリは親指の切断、窃盗犯は両手を切断、間男は男性器切断され
浮気女は両手縛って服を着ることを許されず、
牢獄に入れずに世に放された
不自由者となって俗世を生きることのほうが厳しい
また殺されても罪にとわれずに、被害者に殺されまくった

145 :142:03/10/19 03:24 ID:hyKjkWCj
誤)しかし、今の世の中、死刑というのは、果たして一番重い罪なのだろうか?
正)しかし、今の世の中、死刑というのは、果たして一番重い罰なのだろうか?

失礼しました。

146 :朝まで名無しさん:03/10/19 10:36 ID:BovnD90m
144さん、被害者の方々の気持ちは分かるけど、もう今はそういう思考回路じゃないでしょう。
もっと辛くなるだけだよ。多分。

147 :朝まで名無しさん:03/10/19 12:35 ID:Fq+mldr/
>>122

 娑婆で仕事も無く家も無く食う物も無い、しかも病気で医者にも行けない、
そんな生活に嫌気がさして、禁固刑を受ける事を望んで犯罪を犯す人間がいたとしたら
禁固刑には意味が無いと言う事になるだろうか?
 大半の人間がそれを刑罰と考えればそれは刑罰だ。

それに宅間が自殺を望んでいるという意見には賛成できない。
最初に精神障害を演じて罪を逃れようとした事を忘れてはいけない。
宅間は単に自暴自棄になって逃避し、先のことも考えず裁判の煩わしさから
逃げようとしているだけにしか見えない。

148 :朝まで名無しさん:03/10/19 12:50 ID:Fq+mldr/
>>134
>133さん 一番良いのは、もう更生の可能性が無いのなら、終身刑。そして労働で稼いだ金を
>遺族の補償金に当てる。

囚人の労働では赤字にしかならないと言うことは上の方に出ている。

> 有効な刑罰も去ることながら、犯罪予防も考えた方が良いと思います。一方的なアプローチだけ
>では無理と思う。

罰則規定のない法律に罰則規定を導入するのは、それによって実際に違反が減るから。
重罰化の目的は犯罪抑止であり、飲酒運転などを初めとして実際に重罰化により件数が減っている。
死刑は重犯罪の抑制に効果があると考える人が多いからこそ維持されているのではないだろうか。
死刑を廃止するとしても、それに変わる抑止力はどうするのか。
一方的なアプローチでない方法とは何があるのか。
それを社会は今日まで具体案として出せないからこそこのスレッドが生まれたのではないだろうか?

149 :朝まで名無しさん:03/10/19 16:06 ID:QlijGVFz
海底にタコ部屋作って海底のヘドロ掃除。
手作業による地雷除去。
放射能汚染事故の始末。
サボタージュには激痛を与える。

150 :修復的司法推進委員会:03/10/19 17:56 ID:YXLFVuMb
加害者を痛めつけることで「被害者感情が満足させられる」、つうのは
無関係な第三者の誤解だろうね。無関係な我々はスットするだろうけど。

(人身犯罪を念頭に)犯罪被害者にとって一番いいことは現状回復だろう
けど、絶対に命はもどらない。次に金銭ということになるだろうけど、金銭
では心の傷は癒やされない。
やはり、加害者の心の底からの謝罪、くらいしか被害者の心に直接届く方法
はないだろう(交通事故における交渉経緯を思い出して欲しい。賠償請求以
前に「まず」謝罪が交渉のきっかけとなっている)。
しかし、日本では犯罪が「社会秩序を乱した為の国家刑罰権の発動」にすぎず
裁判においても加害者は、事件とは「無関係な」裁判官・検察官を相手に反省
を求められることになる(否認事件でないとし)。反省できるか?無関係なや
つを前にして?一部立派なやつは出来るんだろうがね(林郁夫受刑者など)。



151 :修復的司法推進委員会:03/10/19 18:09 ID:YXLFVuMb
まず刑事司法の目的を「社会秩序維持(対国家)」から「被害者救済を
中心にした、関係者の被害救済」と転換すべき。
その上で「修復的司法」を推進すべき。この方式は加害者と被害者の直
接対面(被害者が望む場合のみ)・被害者への真剣な謝罪と賠償を本質
的要素とする方式。ニュージーランドに始まり、徐々に世界に広まりだ
している方式。
普通、厳罰化すれば犯罪は減ると思われているが、欧米各国の場合、引き
あげても引き上げても増える一方。アメリカなど現在200万人wが受刑
している。そして出所後又犯罪。
刑務所内では「刑務作業」はあっても、自分の行為を見つめ反省する機会
はない。だって他人に無関心だから犯罪を犯せたわけで、そんな人に反省
しろ、しろ、言ったって無理。そして刑務所内で数十年すごし刑務所ぼけ
をした人を世間に放り出しても、また再犯。
人が心の底から反省するのは、抽象的な存在ではない「自分の犯した行為の
被害者」を知ることによってしか出来ないのではなかろうか?

152 :朝まで名無しさん:03/10/19 18:14 ID:0mH5VBUn
離島で、完全自給自足生活。

153 :修復的司法推進委員会:03/10/19 18:19 ID:YXLFVuMb
厳罰化によって「再び犯罪を防ぐ」というのには限界がある。刑務所の
受刑期間が長ければ永いほど、当該受刑者の生活能力を奪うことになる
からだ(世の中の仕組みがわからなくなる(仕事・対人のスキル)。近
親者がなくなり帰る場所がなくなる。長期入所者ということで回りの人
間も当該人を白い目で見ることになる)。
刑務所に入所し、心から反省する人としない人がいる。しかし外面から
はまったくわからないのだから、現在の司法制度において完全に再犯を
防ぐには「窃盗から傷害犯から、すべて無期刑・死刑」という厨房的方
法しか残らない。

154 :修復的司法推進委員会:03/10/19 18:28 ID:YXLFVuMb
犯罪を犯した人(誰でも犯しうると俺は考えるが)には「変わって
欲しい」。それは被害者の為でも、社会の為でも、本人の為でもあ
る。
それにはいま以上に「被害者の声」が直接、加害者に届く必要があ
る。悲しみにくれる、怒りに満ちた被害者の姿を目にして初めて、
加害者が変わりうる。そして加害者の変わる姿を目の当たりにして
怨み・悲しみ一色の被害者の心に「ほんの少しではあるが」癒しが
ある。
現在の司法の仕組みでは、怨みつづける、嘆きつづけることにより
被害者自身の心を蝕んでいくだけだ。
(以上すべて、被告人が罪を認めている場合の話。否認している人に
修復的司法はあてはまらない)



155 :修復的司法推進委員会:03/10/19 18:39 ID:YXLFVuMb
最近、修復的司法という言葉を知った。だから僕自身よく内容をつかめて
いない。ただし、現在の(国家刑罰権の発動としての、刑事裁判)つう考
えには限界があると思っていたから、「これだ!」というものがあった。

刑罰の歴史で言えば、@被害者自身が報復→Aいや犯罪とは国家社会の秩
序を乱したからこそ罰せられるんだ。又、被害者の声をいれると恣意的に
なるから排除(現在まで)→B?

Bに入りうる考えは修復的司法だと考える。

参考文献
「修復的司法とは何か」ハワード・ゼア(2003 洋泉社)
「修復的司法」ジム・コンセディーン他編著(2001 関西学院大学出版会)

156 :朝まで名無しさん:03/10/19 18:52 ID:BPiaVIjV
修復的司法推進委員会さん
 激しく同意です。ただ、一点だけ賛同し切れない、疑問なのは、「窃盗から傷害犯以上全て無期
・死刑」という部分です。一体どういう状況で犯罪を犯したのか、例えば貧困から強盗をして返り
討ちされて殺しちゃったという場合はどうなんでしょうか。愉快犯的な部分が無く、社会的に追い
詰められての犯行の場合は、これも死刑なんでしょうか。同情の余地が有る場合、又はそこから反
省を見出すと言う事は出来ないんでしょうか。それが所謂外面からの判断には繋がらないですか?

157 :朝まで名無しさん:03/10/19 18:57 ID:+hfX2p7C
>>151
>まず刑事司法の目的を「社会秩序維持(対国家)」から「被害者救済を
>中心にした、関係者の被害救済」と転換すべき。

つまり殺されちまった奴はどうでもいいし、
殺される奴を少なくするのもどうでもいいけど

被害者遺族と犯罪者はケアしないと

って事だわね。

158 :朝まで名無しさん:03/10/19 18:58 ID:+hfX2p7C
>>153
うっとりしてる?

でも君の足は死体の頭を踏んでるよ?

159 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:02 ID:YXLFVuMb
>>156
僕の言葉が足りませんでしたが、
>「窃盗から傷害犯以上全て無期・死刑」という部分
は、こんなことは「無理」だし、すべきでは無い。の意味合いで書き
こみました。
今の「反省する機会のない」刑事司法において「再犯」を完全に防ご
うと思えば上記の方法しかない、しかし荒唐無稽な話である、と。
だって、刑務所を今の何倍にも増やし一生閉じ込めておくなんて、我々
の(情・人権)感覚からはゆるされないし、そんな金はどこにもない。

160 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:03 ID:YXLFVuMb
>>157
被害者とは当然「被害者遺族」を含むわなア。



161 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:06 ID:+hfX2p7C
>>160
死んだ人間の被害をどうやって救済するの?
死んだ人間とどうやって犯人を対面させるの?

162 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:07 ID:+hfX2p7C
>>160
直接被害者を完全無視してると言ってるんだよ。
過去現在未来においてのね。



163 :180=95:03/10/19 19:09 ID:BPiaVIjV
 なるほど、分かりました。完全同意って奴です。情報サンクスです。

164 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:11 ID:YXLFVuMb
>「被害者救済を中心にした、関係者の被害救済」

ここで言う、被害者とは「被害者遺族」もちろん、加害者も「ある」意味
被害者であると考える。

現在の「応報的司法」に対置される考えが「修復的司法」という考え方。

応報的司法が、犯罪を、法違反である国家違反と把握し、司法を加害者と
国家との勝ち負けコンテストにおいて非難と苦痛を決定するものと理解す
る。
修復的司法は、犯罪を、人々及びその関係の侵害と把握し、司法を、被害
者、加害者、コミュニティーが一緒になって、それぞれの回復、和解、補
償を促進する解決を探るものと理解する考え。



165 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:14 ID:YXLFVuMb
>>162
今の司法では無視されていないのかい?

166 :180=95:03/10/19 19:14 ID:BPiaVIjV
 163さん、じゃあ伺います。例えば本人を死刑でぐつぐつ煮たとする。それで、死んだ人が
報われるんですか?じゃあ、殺された方を救済する措置をお持ちなんですか?それで死刑は短絡
的でしょうよ。

167 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:15 ID:+hfX2p7C
>>164
で、直接の被害者は、死んじまった人はどうなったの?



168 :180=95:03/10/19 19:15 ID:BPiaVIjV
失礼しました誤爆です、162さんです

169 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:17 ID:+hfX2p7C
>>165
無視されてないから刑罰制度があるんだろ、何言ってんの?
>>166
なにをもってしても救済不可能な人を生み出してしまった人間に
死を与えるのがなんか問題なの?

170 :感想:03/10/19 19:18 ID:UiSUWbAg
言葉のキャッチボールが出来ていないように見える。
相手が何を言っているのか理解するっていうよりも、
相手の言っていることを自分後に変換しているだけって感じ。

以上感想でした。

171 :感想:03/10/19 19:19 ID:UiSUWbAg
失礼。

自分後→自分語

172 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:21 ID:YXLFVuMb
>>161
君の念頭に置いてるのは「殺人・強盗殺人」等だと思うけど、
説明し忘れたんだが、「修復的司法」の実践は「窃盗・傷害
・過失致死・性的虐待」事例からはじまっているため(ニュー
ジーランド)、日本で言うなら「宅間事例」みたいな事例で
は行われていない。しかし、彼が「最後まで」反省をみせな
かってことからわかるように、「裁判官・検察官」に対面し
いる今の司法で「加害者の反省はありうるのか?」と思う。



173 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:22 ID:aoeqlr3n
死刑は残すべき、ただし現行よりその適用条件をはるかに厳しくするべき
また終身刑をぜひ採用して欲しい。
終身刑は従来の重大犯のほかに、経済犯などでも例えば直接の死者を出さずとも
多数の自殺者をだした場合にも終身刑を実施すべきである

174 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:26 ID:+hfX2p7C
>>172
>、「修復的司法」の実践は「窃盗・傷害
>・過失致死・性的虐待」事例からはじまっているため(ニュー ジーランド)、
>日本で言うなら「宅間事例」みたいな事例で は行われていない。

条件が全く違う犯罪にに何故適用すべきだと言うの君は?
スレタイトルは読めるよね?

加害者が反省しないなら、その加害者のもたらす被害が
救済不可能な被害者を生み出すなら
死を与えることの何が不合理なの?

175 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:28 ID:YXLFVuMb
ど、っと書きこみ過ぎたけど、(現在の)応報的司法の発想からは外れ
るから、どうしても文が長くなるし、説明能力の足りない僕には荷が重
い、相手に伝わるかどうかとなると・・

元々ニュージーランドのマオリ族に伝わる指導原理に発想を受けてはじ
まった考えらしい。加害者を変えうる力がある、ということで広がって
いる。
現在の応報的司法によるなら、これ以上の被害者参加は難しい。ここで
いう応報とは「社会秩序を乱した行為に対しての」応報であるからだ。


176 :180=95:03/10/19 19:31 ID:BPiaVIjV
 死刑が被害者家族を救えるんですか?何の意味があるんですか?前にも書いたけど
それを執行する方の気持ちはどうなるんですか?それこそ人権侵害ですよ。
 法が整備されていないっていうのは正にその通りと思いますよ。犯罪被害者等給
付金支給法の改正ですね。で、アメリカの例をあげると、司法省の犯罪被害者対策課
予算の9割は罰則金から出ていると。
(解放出版社アムネスティインターナショナル日本支部著、知っていますか死刑と人権
一問一答)でもこれ書くと、どうせ宣伝だろうとか、宗教とか言われるんだよな。僕、
図書館で借りただけなんですけど。

177 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:38 ID:aoeqlr3n
>>176
人はそれが仕事だと思えばたとえそれが他人の命を奪うものであっても、実行できるものだと思われる
ようは、その職務に意味付けを持たせてあげるそれだけでよい

178 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:39 ID:YXLFVuMb
>>174
まだ死刑についてはなんも言ってないと思うがね。

刑事関係者の常識である、現在の応報的司法の発想では、
「すべての事例を救えない」
少なくとも、被害者救済という発想は「本来」そぐわない
考えなんだよ。
例えば、犯罪被害者給付金制度というものがあり、現在最高
額で1000万円前後(殺人)が給付されている。しかし、
これ以上の増額は原理的に難しい。そもそもが「見舞い金」
(法務省説明)という性格の制度だからだ。
現在の国家刑罰権の実現という刑事司法では、もっとも悪い
奴には最高刑。という帰結しか導かない。
それ以上は「おまけ」の世界。

この発想を転換すべきだと、それは「被害者救済を中心とした
修復的司法」だと。この考えは「もののみ方、アプローチ」を
指す言葉で、その内容となると一様ではない。そこがまた難し
い。


179 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:40 ID:+hfX2p7C
>>176
刑罰はそもそも犯罪被害者を救済する為の制度ではないんだから
当たり前だろ。

被害者救済は刑罰以外でやればいいだろうが。

執行者は別に選択の自由を奪われているわけじゃないんだから
人権侵害なわけないだろ。

許す権利のある人間がこの世に居ないなら
許される事は無い、そんだけの話。

180 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:42 ID:+hfX2p7C
>>178
スレタイトルを見た上で書き込んでるんだよな?

181 :180=95:03/10/19 19:43 ID:BPiaVIjV
177さん
じゃあ殺す側はどうなのか。刑務官は毎日死刑囚とともに過ごし、日々交流を持つ
。そしてある日突然殺す側に回らねばならない。刑務官は公務員の為、業務内容の守
秘義務があり、仕事をやめた後も守らねばならない。公に死刑執行について語れない。
 「いっそのこと死刑囚と一緒になって、執行は嫌だ、やめてくれとわめく事が出来た
ら、と散々思った」と元刑務官は匿名で語った。仕事を変われば良いというのは経済状
況で出来ない人もいる。
(176同本から抜粋)

182 :95:03/10/19 19:46 ID:BPiaVIjV
180さん、死刑にしないなら被害者家族をどう救うかっていう話から、この話が出てきてるんですよ。
確かに、刑罰とは違う話になるけど、それに伴う意見。

183 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:46 ID:+hfX2p7C
>>181
>経済状況で出来ない人もいる。

そんな事が理由になるか馬鹿垂れ。
失業者が日本に何人居ると思ってるんだ。


184 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:47 ID:YXLFVuMb
おそらく「修復的司法」とは、「応報的司法」にとって変わる
というよりも、両者を混合させて実をあげていくんだと思う。

単に刑期を長くしていくだけで本当の解決か?という疑問は誰
でも持つと思う。本当に更正すんのか?
被害者と対面・対決するという事は、加害者にとっても「キツ
イ」体験だろう。すくなくとも宅間受刑者にとって刑事裁判が
キツイものであったかどうか?
「謝罪が聞きたかった、一言でも」という被害者遺族の声は切実
な根源的な被害者の声だと思う。

185 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:50 ID:aoeqlr3n
>>181
それは死刑制度とはまた少し違う問題かと思われる。現行での死刑制度は
終身刑を持たないわが国の場合、その下の無期懲役との差が大きすぎる問題が
ある。逆に質問するが、例えばオウムの松本のような人間に対しても、無期懲役で
せいぜい10年ちょっとで社会に出てこられた場合どうするのだ?
殺された被害者には人権は無いのか?

186 :95:03/10/19 19:52 ID:BPiaVIjV
183さん ご飯食べられなくなるんだよ。ホームレスになるんだよ。
一人の人生が掛かってるんだよ

187 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:53 ID:aoeqlr3n
>>181ついでにいうと、更正のための刑に疑問を感じる
現在の犯罪増加、検挙率の低下を見てもむしろ見せしめ効果を狙った刑の必要性を感じる

188 :修復的司法推進委員会:03/10/19 19:54 ID:YXLFVuMb
>>176
>刑罰はそもそも犯罪被害者を救済する為の制度ではないんだから
>当たり前だろ。

この発想が応報的刑事司法の基本発想。日本の法学部の刑法総論で習
うことがこれ。
この考えに(日本国内で)疑問を持ち出したのが、西村春夫(国士舘
大学教授)、高橋則夫(早稲田大学教授)、前野育三(関西学院大学
教授)ら多数。もっともな疑問だと僕も思う。



189 :朝まで名無しさん:03/10/19 19:57 ID:aoeqlr3n
>>186
だからそれは、行政の側の問題で犯罪者と被害者との間の問題には直接の関係は無い

190 :自由主義の観点から:03/10/19 19:58 ID:cZ96ApW9
死刑制度は廃止したほうがいい。
最も重い刑罰は仮釈放なしの終身刑でいいと思います。

理由;
(1)冤罪事件で死刑になった場合、償うことができない。
(2)人権尊重の観点から国家といえども個人の生命を奪うことが、
できないため。

ttp://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=liberacion

191 :修復的司法推進委員会:03/10/19 20:04 ID:YXLFVuMb
>>187
その政策のためには。
まず現在刑務所の収容能力は6万人だから、これをおもいきって増や
す必要がある。(アメリカでは200万人の収容者と聞いたことがある)
つぎに、順繰りに出所する連中の再犯をどう防ぐのか?を聞きたいと
ころ。府中刑務所(比較的犯罪傾向がすすんだ連中が多い)では再犯
率が50%をこえる。一生閉じ込めておくのがベストということにな
る。
加害者の変化をもたらす力が、現在の刑罰システムにはあまりない。

よくいう「日本はアメリカの20年後」という話でいけば、これから
どんどん犯罪は増えるということになる。

192 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:05 ID:+hfX2p7C
>>188
どこがおかしいんだ?



193 :95:03/10/19 20:05 ID:BPiaVIjV
187さん、結局効果無いじゃないですか、現状ではどんどん悪くなるばっかし
185,188さん 犯罪者に関する更生の資料ってのが無いんですが、被害者と死刑囚の家族同士が
二週間一緒に旅をして、「愛する者を失って心に深い傷を負っている点」で共通しており、立
場は真逆でもその心情を共有して、復讐心を癒すという活動は有るそうです。アメリカの市民
団体「和解の為の殺人事件被害者遺族の会」(176同本抜粋)、それに不満なのは、死刑等に関し
ての情報も少なくて、図書館に死刑の本これしか無かったですよ。 

194 :95:03/10/19 20:10 ID:BPiaVIjV
189さん、それが問題なんだという話。包括的に関係を作って被害者家族を救おうって事でしょ?

195 :修復的司法推進委員会:03/10/19 20:14 ID:YXLFVuMb
>>192
>もしも、我々がかこの150年間にわたって西欧の世界の刑事司法の
>実務から学んだことが一つあるとすれば、刑罰は犯罪者の行動を変える
>ことも、抑止的判決が犯罪を減少させることもないということである。
>よりもっと多くの人々が、拘禁刑を宣告されるようになってきたー西側
>諸国ではその数は25年間に、3倍にーそれでも犯罪率は上昇し続けて
>いる。
> ジム・コンセディーン 「修復的司法」序文から

の発想だろう。


日本国内で言えば、検挙率上昇は「有効」な犯罪抑止になる。

196 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:16 ID:aoeqlr3n
>>193さん
だから、現行の刑罰をもっと全体的に重くすべきだと思っているわけです
むやみに死刑に賛成しているわけではありません。
現状の無期懲役と死刑との差の大きさに疑問に感じるし、当然終身刑をもうけるべきだと思う
そして、死刑は現状よりはるかに適用条件を厳しくしても残すべき。
例えば死刑判決を受けた人物でも、更正の度合いが著しいものに対しては、
終身刑に減刑できる制度を併せて設けるといった具合に

197 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:18 ID:aoeqlr3n
被害者を救う話と、死刑の執行が嫌で職を失う話は別の次元ではないかと思われるが

198 :95:03/10/19 20:24 ID:BPiaVIjV
196さん こんなデータも有ります。
精神医学者で作家の加賀乙彦さんが東京拘置所の勤務時代145名の殺人犯に面接して尋ねた
例文が有るんですが、全員死刑を承知して、しかも犯行前に念頭に浮かべた者はいなかった
。犯行中に死刑を考えたが、犯行を中止しなかったとの事です。(菊田幸一「死刑廃止を考
える」岩波ブックレット)このデータだと効果が無いとしか思えないんですけど。
197さん 死刑に伴う話で同じ次元の話です。
 


199 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:26 ID:+hfX2p7C
>>195
それは刑罰制度における応報的司法の否定ではなく
刑罰の否定だよ。

威嚇力全てひっくるめての否定。

検挙が犯罪抑止になるために
拘禁刑が必要ないとでも言うのかね?

そもそも犯罪率の上昇を何故刑罰制度のみの問題と捉えるかの根拠がないだろ。
社会制度、倫理観、生活環境等激変してるのに
なぜ犯罪率の上昇が刑罰制度の限界と言えるのかね?

200 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:31 ID:+hfX2p7C
>>198
全ての人間に抑止効果を持つ刑罰なぞ存在しない事は
当たり前。

刑罰が抑止効果を持たなかった人間に
刑罰が抑止力を持たないのは当たり前。

それ以外の人々が犯罪を犯さないのが
刑罰の抑止力の為ではない事を証明しないと意味が無い。

修復的司法を適用しても再犯した奴が数%居て
「あんなもんクソの役にもたつわけないだろ」
って言ったらそれだけで、修復的司法は否定されるのか?

違うだろ?



201 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:36 ID:aoeqlr3n
>>198そこのデータには犯罪をおこして死刑になることを考えて
結果的に犯罪をおこさなかった人は含まれていないですよね

202 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:38 ID:aoeqlr3n
201
レスが遅れて先に言われてしまいました

203 :朝まで名無しさん:03/10/19 20:46 ID:+hfX2p7C
修復的司法が対象とするのは再犯抑止のみ

救済するのは生きている被害者と被害者家族のみ

秩序維持を代替どころか、それと対置出来るようなもんじゃないだろうに。

>>151
>刑事司法の目的を「社会秩序維持(対国家)」から「被害者救済を
>中心にした、関係者の被害救済」と転換すべき。

こんな事言わなければ噛み付きもせんわ。


204 :朝まで名無しさん:03/10/19 21:13 ID:DECqSn4U
拷問なんてどうよ?

205 :修復的司法推進委員会:03/10/19 21:18 ID:YXLFVuMb
>>203
もっと修復的司法を知りたければ、
手ごろなところで、「ジュリスト(No。1253・2頁)」の高橋則夫論文でも
読んでミソ。

>修復的司法が対象とするのは再犯抑止のみ
これは完全なミスリード。被害回復が修復的司法の眼目。今までの応報的司法
は刑罰権による社会秩序の回復が目的



206 :95:03/10/19 21:48 ID:4DBmXZWA
200さん どこにそんなデータあるんですか?国連で1989年の報告書では「処刑が終身刑より大きな
抑止力がある事を証明できなかった。このような立証は今後も行われそうに無い。」
(176と同書)
 僕自身はそういうデータを全く知らないんですけど。

207 :朝まで名無しさん:03/10/19 22:04 ID:6xuX4eXt
被害者の救済・加害者の更正、犯罪抑止力。
これらはどれも天秤では計りきれないほど重要な事柄であると思う。

国家、否、地球という囲いの中に生きる人間。
その中で秩序ある文明的な暮らしをするのに必要不可欠となる法。

T.W.I.M.より抜粋
「人間とはおよそ度し難い不安定な物でありながら
懸命に葬るべき命と守るべき命を選択してきたのだ」

その産物である現在の死刑制度。

しかしながら、時代は変わる。
歴史の中の分岐点に我々は差し掛かっているのだ。
今こそもう一度考え直して欲しい。

葬るべき命・守るべき命

私は信じたい、この世に呪われるべくして生まれた命などないと。


208 :182:03/10/19 22:07 ID:4DBmXZWA
207さん 激しく同意!!!!!

209 :182:03/10/19 22:28 ID:4DBmXZWA
修復的司法委員会さん他皆さん 
それにもう一つ、修復的司法に関しては大賛成なんです。でも、死刑は・・・、
正直死刑で犯罪抑止されたという絶対的なデータが無いと、反対せざるを得ないですよ
。あまりにもリスクが高すぎる。

210 :182:03/10/19 22:41 ID:4DBmXZWA
後、修復的司法委員会さんが、200さんのおっしゃる「それ以外の人々が犯罪を犯さないのが刑罰の抑
止力の為ではない事を証明しないと意味が無い」195で紹介してらっしゃる。(206では失礼致しました)
しかし、ますます反対に気持ちになってしまうのですが。

211 :修復的司法推進委員会:03/10/19 23:20 ID:YXLFVuMb
>>209
僕は死刑については意見を述べてないっすよ。
(僕個人は廃止論を支持してます、修復的司法を推し進めたら「それ」とは
整合性はとれんでしょう)

ただし、「被害回復を中心とした司法」への転換は、存置廃止関係なく進め
られるべき。応報的司法においては被害者の役割分担は原理的にありえない
から(証拠としてだけの被害者)。



212 :182:03/10/19 23:26 ID:4DBmXZWA
 失礼しました、御免なさい。そうなると修復的司法推進委員会さんと多分同じ意見と思います。
正直二日間ここで煮詰めてたもんで、疲れました(苦笑)正直色々本とか探して今回論議に臨んだん
ですけど(僕は非専門家です)、まだ甘いですね。もうちょい色々調べて来ます。

213 :朝まで名無しさん:03/10/19 23:53 ID:q2tspbO5
終身刑作りたいんだけど法曹界の重鎮が反対してるってのは本当かね?
新しい刑を作りたくないとか何とか。

214 :朝まで名無しさん:03/10/20 00:25 ID:cGIbXetH
 何で?どういう理由で?

215 :甚だ疑問:03/10/20 02:33 ID:rmHYx56i
何で日本の刑法は作成時に、米国のような”終身刑”が取り入れられなかったのだろう?
無期懲役と死刑の中間にあって然るべき刑罰だと思うのだが・・・

216 :朝まで名無しさん:03/10/20 03:00 ID:VXvGMwlu
無期の運用を変えりゃ良いんだよ。



217 :朝まで名無しさん:03/10/20 06:50 ID:qET+RoP9
死刑は一瞬で終わる、終身刑のほうがより残酷な刑罰であり、
凶悪犯罪を犯した人は生き抜いて終生かけて罪を償ってほしい、
という言い方をする人もいます。

 もちろん中には悔い改めて罪を償う人もいるかもしれません。
ですが実際は、精神的金銭的な一切の償いをしないままの加害者が多いのが現実です。
娘を惨殺した犯人が生きて同じ空気を吸っている、それだけで耐えられないという
遺族は多くいます。
犯人が死んだからといって娘が生きて戻ってくるものではないけれど、
死んだことによってある種の区切りがつけられ、少しばかりの安らぎが得られる
という遺族の気持ちを否定することは、他人ができることではありません。

 加えて終身刑は、処遇する側にとっても非常に難しい刑罰です。
 処遇というのは本来、更生して社会に戻るためのものであり、
であるからこそ収容者も励めるし、処遇側も真摯に取り組むことができるのです。
絶望に陥って当然の収容者を処遇側はどう処遇すればいいのでしょうか。
人間が必ず持つ自由への希求――それを満たすために脱走の試みが飽くことなく繰り返されるでしょう。
その際刑務官を殺しても怖いものはないのです。彼はすでに終身刑の身。
死刑がない以上、刑罰はそれ以上悪くなりようがないのです。
実際私が話をしたドイツの司法関係者はそう言って嘆いていたし、
アメリカでもこの問題はつとに指摘されていることなのです。

http://www.tomokosasaki.jp/concern7.htm

218 :朝まで名無しさん:03/10/20 06:54 ID:r6LTxjP+
殺して済むかよ?

バラバラに切り刻んで、臓器売って、賠償金払うのが筋だ。

219 :朝まで名無しさん:03/10/20 07:01 ID:qET+RoP9
窃盗や性犯罪のような再犯性の高い犯罪は修復的司法で直るの?
性犯罪者の被害者にも加害者と向き合って話せって言うの?
被害者に子供を殺してやったお陰で儲かったなと言う宅間みたいなのは、
修復的司法を適用しないならどうするの?

220 :朝まで名無しさん:03/10/20 18:21 ID:8vidvB9W
現在の応報的司法が持つ良い面
修復的司法が持つ良い面

どちらも非常に大切である
しかしながらそのデメリットもまた存在している。

ただ書き込みの内容から推察するにここにいる人々のほとんどが
現在の司法には納得がいっていないと思われる。
だからこそ今一度考えてみるべきであるのだ

このまま景気がよくなり、治安が回復し始めたとしたら
なあなあになってしまうのか?
いや、それでも人間の悲しみは変わらない。

私個人としてはもっと加害者・被害者のパーソナリティを
重視した司法が行われるべきであると思う
加害者・被害者もまた人間であるゆえに
それらを裁く司法もまた多様性に富んでいなければならないと思う

偏るべきではない
頑なになるべきではない


221 :朝まで名無しさん:03/10/20 19:35 ID:qET+RoP9
>偏るべきではない
>頑なになるべきではない

その言葉自体は確かにそうだと思う。
しかしそこから「それらを裁く司法もまた多様性に富んでいなければならない」
というとそう簡単ではないと思う。
多様性という事が公平性を失わせるものであってはいけない。
例えば同じ一人殺したのにこっちは死刑であっちは10、
いったい何で?と言われた時に明確な基準がないとしたら、
中国のような裁判官の政治的判断や何かで左右される裁判になりかねない。
そうした判断の基準となるものは、現在では最高裁判例などの前例だろう。
無論前例だけではなく社会状況や何かも判断基準にはなるが、それでも前例から
あまりにも逸脱する事は無く、その事が司法の安定性というものを支えている。
個々の案件を考慮しと言うのは一見正論だが、その事の危険性も考えなければならない。

もう一つの問題として裁判コストも考えなければならない。
きめ細かい裁判という事は、個々の裁判に時間と費用が掛かると言う事でもある。
唯でさえ時間が掛かる裁判という物は、被害者にも大きな負担を強いる。
経済的にも楽ではない。地方の事件が最高裁で争われるとなると、
遺族などはその度に東京まで来なくてはならない。
その為に会社を休み、交通費を掛け、多くの負担がかかるのだ。
そういう被害者や遺族の負担から目を背けて司法論だけを話すのではいけないだろう。

現在の制度が完全であるという気は毛頭無いが、それでもそうしている理由はある。
リストラティブ・ジャスティス(修復的司法)と言うのは未だ評価するには十分でなく、
また外国での例がそのまま日本に適用できるかも不明である。

死刑を認めている先進国は日本とアメリカの一部だけ、という言い方があるが、
その先進国と言うのは日本を除けばキリスト教圏ばかりである事を考えるべきだろう。
そうした文化の差を無視した欧米同化策は成功するとは思えない。

222 :朝まで名無しさん:03/10/20 21:18 ID:zaZQuDVQ
判決を言い渡す裁判官
執行書にサインする法務大臣
分散されたスイッチ押す執行官

こいうらの気持ちが洒落にならない・・・

223 :朝まで名無しさん:03/10/20 22:07 ID:XABqJJCi
被害者の救済というのなら、損害賠償を国が犯人に求めるべきだ。
そして国が被害者にその金を渡す。

被害者は犯罪に巻き込まれることなど予見せずとも
犯罪に巻き込まれる。

加害者は衝動的・計画的いずれにせよ自分の判断を
主として犯罪を起こす。

なのに被害者の損害の賠償には自分で訴えを起こさねばならない。

これではやはり加害者優位なのではないか?

もうひとつ国が損害賠償を求めるという点のメリットがある。
それは加害者自身が国に与える損害の賠償という点だ

まず刑務所内の生活にかかる費用。
それから本来まともに働いていれば収めることができるであろう、
税金や国民年金。

これらの費用の請求も加害者に対して行うべきなのだ。
そして被害者との痛みわけを国も負うべきだと思う。

224 :学死期経験者:03/10/21 03:11 ID:GXZ4U3BD
だから、賠償を刑罰に組み込んでしまう。
損害賠償6億円+死刑とか。
勿論、賠償を優先させる。
支払えなければ労役で支払い終わってから刑事罰。
上記なら死刑になる前に、労役で無期だけど。


225 :朝まで名無しさん:03/10/21 03:42 ID:N7ZVNipX
まず去勢
両手切断
両足切断
眼を潰す

226 :亀仙人:03/10/21 03:50 ID:eUhHVxcm
現行の犯罪被害については、
ほとんどの場合、民間の障害保険
で対応できます。
死刑囚は、宅間がいうように、さっさと
処理するのが古来からの常識。

227 :朝まで名無しさん:03/10/21 04:36 ID:pAa+3XFF
賠償だの労役だの言ってるのは過去ログみろ。
そんな仕事がどこにあるんだ。
一つでいいから具体例をあげて見ろ。

228 :朝まで名無しさん:03/10/21 08:46 ID:pAa+3XFF
法務大臣の私的諮問機関が刑務所などにいる受刑者と刑務官にアンケートを
行ったところ、受刑者の34%が刑務官などから暴力などを受けたと回答しました。
一方で刑務官の43%は受刑者から暴力や脅しなどを受けたと答えました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2003/10/21/k20031021000015.html

229 :朝まで名無しさん:03/10/22 00:34 ID:a1wDEX5H
賠償請求には価値がある
犯した犯罪によってそれ相応の賠償額を決めればいい。
例えば殺人罪には資産の90%だとか
受託収賄罪には資産の40%だとか
ある程度基準を決め、後は情状酌量だとかそういうので増減を図ればいい。

あとは国が被害者の損害をその中から、
または他の事件の分からやりくりして
事件の被害額に応じて賠償してやればいい。

だが、失うものがない奴に対しての抑止力にはならんがな



230 :朝まで名無しさん:03/10/22 00:48 ID:F7rWwjE0
>>229
あのー、人身犯罪の加害者のほとんどが「素寒貧」なんですが・・
宅間に至っては、全財産が中古車1台


231 :朝まで名無しさん:03/10/23 06:43 ID:Zb7MMavC
「刑務所に戻りたい」と交番に強盗 東京

 警視庁調布署は22日までに、強盗未遂の現行犯で住所不定、無職、
富施正男容疑者(31)を逮捕した。
 調べでは、富施容疑者は16日午前11時ごろ、東京都調布市の京王
多摩川駅前の交番で、警察官2人にはさみを突き付け「金を出せ。10
万円を出せ」と脅した疑い。
 警察官が説得したところ、すぐにはさみを机に置いたため取り押さえた。
 富施容疑者は犯行前にシンナーを吸っていたといい「刑務所に戻りた
かった」と供述しているという。
http://www.sankei.co.jp/news/031022/1022sha077.htm


刑務所志願殺人に懲役14年 大阪

 大阪府富田林市で昨年6月、刑務所に入るため新聞配達員、井塚和彦さん
=当時(57)=を殴り殺したとして殺人罪に問われた会社員、三浦武富被
告(31)に対し、大阪地裁の西田真基裁判長は3日、懲役14年(求刑懲
役15年)の判決を言い渡した。
 判決理由で西田裁判長は「身勝手かつ短絡的犯行で言語道断。付近住民ら
に与えた影響は大きい」と述べた。
 判決によると、三浦被告は昨年6月5日未明、会社の人間関係などから逃
れるため刑務所に入ろうと、たまたま路上を通り掛かった井塚さんの頭部を
チャイルドシートなどで数十回殴り、殺害した。
http://www.sankei.co.jp/news/030903/0903sha066.htm

宅間を例に死刑に意味が無いと言う方々、これで懲役刑には意味が無い?

232 :朝まで名無しさん:03/10/23 06:56 ID:Zb7MMavC
 加害者は、逮捕されてから刑務所や少年院をでるまで、食費、医療費、衣服費、ガス、
水道、ちり紙代まで一切国の費用で賄うのです。弁護士も国の費用で依頼できます。
刑務所の医療病棟や医療刑務所で手厚い治療が受けられます。
平成12年度の決算を見てみますと、
(1)逮捕されてから48時間以内に、警察が出した医療費と食料費は3億4144万6000円
に上っています。
(2)それ以後については、食料費130億2800万円、衣服費8億9100万円、医療費20億9100万円、
光熱費、燃料費69億4300万円、生活管理費(ちり紙、歯ブラシ代その他)49億4300万円で、
合計367億3800万円となっています。
(3)また国選弁護報酬は57億1000万円に上っています。
 結局(1)(2)(3)を合計すると、427億9104万円が加害者のために支出されております。
もちろんこの中には、刑務所などの職員人件費、施設費などは含まれていません。
これらを入れると、2000億円は軽く越えるでしょう。

 これに反して被害者はどうでしょうか。
 被害者は、被った傷害の医療、介護費、生活費はすべて自己負担なのです。重傷を
負って植物状態となったり、寝たきりになったりしても病院は長期入院させてくれず、
病院探しの苦労は大変で、家族や親戚は疲労の極に達します。
 病気でないので、介護保険の適用もありません。住宅ローンの返済も住んでいない
のに、車椅子用の改造も自費でしなければなりません。疲れ果てた家族は一家離散し
たり、子供は親戚に引き取られたりする例も少なくありません。
 20年前に犯罪被害者等給付金支給法ができて、一部の障害者や遺族に国から見舞金
のような給付金が出ますが、2000年度の給付金は 5億6800万円(死亡者145人、重傷
者14人)で、加害者への国費支出と比べると、雲泥の差があります。
http://www.navs.jp/introduction/introduction.html

233 :朝まで名無しさん:03/10/23 07:01 ID:9Km1BMQ6
肉体ある限り強制労働。 生き地獄でつね。

234 :朝まで名無しさん:03/10/23 09:32 ID:Zb7MMavC
  「刑務所の中のごはん」 (永井道程、青林工芸社)

 刑務所ではどんな食事をしているのか。いわゆる臭い飯って、どんなものか。
知りたいと思っている人は多いと思う。この本は、それに図解入りでこたえてく
れる。体験談だから間違いないと思うが、かなり美味しいようだ。
 ご飯は麦が4割。お米は玄米で買って中で精米するので意外に美味しい。ボ
リュームのあるカレーもあり、ウナ丼もある。ある日の献立を紹介すると、朝は
梅干し、まぐろ缶にご飯と味噌汁、昼はサワラの塩焼・肉ジャガ・桃缶、夕方は
けんちん汁・大根あさり煮・めかぶ・ブルガリアヨーグルト。10日ごとに食事
のメニュー表が 貼り出されるが、年に1回開かれる献立編成会には受刑者の代表
も参加する。
 夏にアイスクリーム、節句に柏餅、クリスマスにはケーキ、正月には2段重に
入ったおせち料理という特別食が出る。正月3ヶ日は、ラジオを聴きながらのん
びりとせんべいやチョコレート、羊羹をつまむこともできる。
 といっても刑務所の中では、食べて働いて寝るという非常に単調な生活が毎日
毎日くり返される。自由が奪われているなかで、食べる楽しみだけはあるという
ことだろう。(霧山昴)

 囚人以下の食生活の人手を挙げて

235 :朝まで名無しさん:03/10/23 09:39 ID:IeeEUyYE
>>227
人力発電

236 :朝まで名無しさん:03/10/23 09:59 ID:l5yCo30P
処刑後に石鹸にでもなってもらうか?

237 :朝まで名無しさん:03/10/24 23:31 ID:VGBxbvTI
【現場は】中学生ら6人、女子生徒を監禁・全裸撮影【被害者宅】
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1066985453/

犯罪抑止にはどうすればよいのだろうか?

238 :朝まで名無しさん:03/10/24 23:32 ID:VGBxbvTI
>>237
> 【現場は】中学生ら6人、女子生徒を監禁・全裸撮影【被害者宅】
> http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1066985453/
>
> 犯罪抑止にはどうすればよいのだろうか?


239 :朝まで名無しさん:03/10/24 23:35 ID:hST2GPIe
自転車こぎでの人力発電

240 :学死期経験者:03/10/25 03:05 ID:QSrh4Fsf
>>227
何も知らんヤツだな〜。
刑法第18条(労役場留置)
罰金を完納することができない者は、一日以上二年以下の期間、労役場に留置する。
これを無期限にするんだYO!
>>229
交通事故の量刑には示談が済んでいる事で加減する。
他の刑事事件でも賠償によって加減されてもいいはず。
下らん亭主を殺されて賠償金で3億円でも入れば無罪にされても喜ぶはず。
不良息子を殺されても、「10億円出すから示談にしてくれ」って言われれば喜んで受け入れるのでは?
資産の何%では無い者が得になってしまうからダメ。
失う物が無い者は労役で支払い、その後に刑事罰。
宅間の場合は、30億の賠償と死刑。
支払えないんだから労役で終身、その後遺体を絞首刑ってことになるけど。

241 :朝まで名無しさん:03/10/25 07:33 ID:f8G3RG7x
>>240
労役場というのは資力がない人間に、罰金の代わりに見せしめとして行うもので、
一日あたり(例えば)5000円換算で罰金に当たる金額に達するまで懲役刑で
代替するという性質のものです。
お金が無いからと言って罰金を払わないで良いと言う訳にいかないから、見せし
めとして行われる物に過ぎず、実際に収入がある訳ではありません。
当然税金の圧倒的な持ち出しです。
しかも労役場の留置者に関しては未決囚扱いで囚人服を着る必要もありません。
懲役刑の囚人より更に甘い労役場。
労役場が何かも知らないで言われてもね。

とにかく前から全部読んでみな。
自分が何も知らないで言ってるのがよくわかるから。
机上の空論、自分の妄想しか言えない人間に学識があるなんて
誰も思ってないから自分を繕わないで良いよ。

242 :朝まで名無しさん:03/10/25 10:38 ID:D/otBDe2
どうして囚人は働いても働いても刑務所の赤字になって税金が使われることになるのか
この辺のプロセスがよく分からないのだが、どうなってるんだろう。

食事も住むところも服も極めて安上がりなのだから
週5日働けば大黒字になりそうな気がするのだが。


243 :朝まで名無しさん:03/10/25 10:53 ID:nvCECInP
>>242
今は不景気なわけなので
仕事が無いので刑務官が営業に走ってるらしいが
罪人が作った物などわざわざ使いたいという業者も少ないので黒字出すなんて難しい
だいたい民間はサービス残業とかで従業員こき使ってるわけで
コスト的には囚人の方が高いかもしれんぞ



244 :朝まで名無しさん:03/10/25 10:55 ID:IaTzmECw
ttp://human.2ch.net/test/read.cgi/4649/1040784276/l50

刑務所ってちょっと楽しそう、こいつら全然懲りていない

245 :朝まで名無しさん:03/10/25 11:03 ID:Uqwq6ZxK
自分以外はすべてカップルのパックツアーに一人で強制参加の刑

246 :朝まで名無しさん:03/10/25 11:49 ID:f8G3RG7x
>>242
>食事も住むところも服も極めて安上がりなのだから

 この部分が多分誤解してるんだと思う。
 例えば食事だって、刑務所と同じ物を食べさせる店が有るけど、
 その値段は700〜1000円。
 普通のお店で出せばそれだけの値段がかかる。
 一食240円の掛け蕎麦で済ませてるサラリーマンだって一杯いる。
 家に帰る暇もなく会社で寝袋に包まって寝るだけの人もいる。
 毎日12時間以上働いている人なんて幾らでもいる。
 しかもそれ以外に囚人の為に仕事を探したり作った物を売ったりする為に
 働いている職員の給料や何かも掛かるし、売り物になるような製品が作れるように
 なるまでの訓練費とかもかかる。

 囚人が働くと言うけど。その内の20%は炊事洗濯などの作業であって、
一般人なら仕事とは別にやる生活上の作業も含まれている。
 それで週40時間なんだから、そんなので仕事って言える程の仕事になる
とは思えない。

247 :朝まで名無しさん:03/10/25 18:07 ID:T65KOmLo
だから首に鎖つけて放射能の実験台になってもらうとか
通常の人間では考えられない仕事っつーか
素材の有効利用ってのがあんだろ
死刑判決がでる程の加害者の人権なんてゼロ
素材や道具にしちゃえばいいんだよ
こんな簡単なことで何を理屈こねてんだ?

248 :朝まで名無しさん:03/10/26 21:47 ID:wdkH9tH0
・・・

249 :朝まで名無しさん:03/10/26 22:00 ID:bvqgNfab
基本的に言われてることは、

被害者のあまりのやられ損。
加害者の服役にかかる高額な費用。
強制労働という手段の不利益。
刑罰改正による犯罪抑止力。

こんなとこか?

こんなかで優先すべきは被害者に対する救済だろうな。
そのためにはもう少し加害者の保護を減らせばいい。
飯なんかは給料制にしてそん中からやりくりさせりゃいい。
うまくやりくりできない、仕事の出来ない馬鹿は餓死する。
それはそれで仕方ないじゃないか。



250 :学死期経験者:03/10/26 23:47 ID:GGVdhHhH
>>241
お金が無いからと言って賠償金を払わないで良いと言う訳にいかないから労役じよって支払わせるのが妥当。
家具を作ったり、裁縫をさせたりするだけじゃなく、土木作業員として開発に使えばいいじゃないか?
道路公団に作業員は労役者を使わせるとか。
土方を5000円で使えるんだから、看守の人数を労役者2人に1人つけても使える。
工事現場を全て檻で囲ってから着工するとか。
2人の労役囚をボール&チェーンで繋いで逃走をさせないようにするとか。
犯罪者の人権など考えなければいくらでも出来ることだ。
既存の方法しか考えられないのか?
判例でしか判断できない(以前に相談した)クソ弁護士と同じだな?
そんな能無し弁護士に限って「これは負けます!」とか言い切ってやがる。
「負けてもいいから費用も払う。判例を変えてみようと思いませんか?」と言ったら
「こんな裁判をしたら私が恥をかくだけだから断ります。」だって。
「お前が判決を出すんじゃないの!」と言いたくなる。
臆病能無し弁護士ばかりなら判例は変わらないはずだが、ドンドン変わってきている。
(今なら俺が勝訴になっていたのにな。)

251 :朝まで名無しさん:03/10/27 08:34 ID:IsbyMBub
>>250
想像力が無さ過ぎ。
監視の人数というのは目的次第。
相手の脱走を防ぎ、必要なら殺しても良いのか、それとも怪我をさせてはいけないのか。

犯罪者の人権を考えなければ何でもできるが、その前提が不可能だという事もわからないのか。
囚人の人権を無視するという事は国際的に大きな不利益を被る事になる。
囚人を罰する為に世界の批判を浴び、輸出を停滞させる事が現実味のある話なのか?
ソ連のシベリア抑留見たいな事を日本でやったらどうなるのか。
想像する事もできない?

自分の妄想にしがみ付いて、他を見ないでこうすればこうなる筈だと決め付ける。
世の中自分に有利な条件だけで動いてるんじゃないと言う事さえ判らない。
それでは誰も相手にしてくれないよ。
頭の中だけで本当は自分が勝つ筈だったと言ってる事しかできなくなるよ。

弁護士を説得する事もできず、別の引き受けてくれる弁護士を見つける事もできず。
その自分の意思の薄弱さ、能力の欠如を他人の所為にしている限り何もできないよ。
弁護士なんて言うのは、最初は法律相談という事で話してみて人柄を見る。
そうやって何人もに相談して信頼できる弁護士を見つける物だ。
そんな当たり前の手間もかけなかったんだろう。
あなたの意見を聞いていると、世間への甘えが滲み出てるよ。

252 :朝まで名無しさん:03/10/27 10:59 ID:6Z+PhNdf
カンボジアあたりで地雷の撤去作業やらせりゃいいんだよ
罪状によってノルマ決めてね
あんたは3人殺したので3000個撤去しなさいって
国際貢献にもなるしね

253 :朝まで名無しさん:03/10/27 17:03 ID:yV5+Lrmy
懲罰的な意味では、

ゴキブリ風呂あたりじゃないですかね。

254 :朝まで名無しさん:03/10/27 22:03 ID:/lzOhrOr
>>250
>>251
おまいらの個人的なことなんぞどうでもいいよ
こんなトコでそんなんゆうな

犯罪者の人権を考えなければというが
じゃあ犯罪者は被害者の人権とか考えてんのか?
答えはNOだ。
犯罪を犯すとき、間違いなく奴らは相手のことなんぞ考えていない。
そこに守られるべき人権など、ない。

では全く犯罪者の人権など考えなくてもよいか?
それもまたNOだろう。
国際・国内の世論が許さないだろうし、人間誰しも間違いがあるということを考えると
犯罪者もまた人間であるのだ。

ただし、私は現行の法には納得できない。

そこでこう考える。
犯罪者が犯罪を犯し服役する際、一時的にある程度人権を剥奪すればいいのだ。
都合よく受刑者を管理するためにICチップや、ボタン一つで眠らせることが出来るような
装置を埋め込むのも一つだろう。
また射殺とは言わないが、気絶するほどの高圧スタンガンの使用や
麻酔銃の使用を許可すれば屋外での管理も可能であろう。

そして服役が終われば完全に人権を回復する。

>>251が言うように100%人権がある・ないではなく
保障される人権を少し落とせばよいのだ。


255 :朝まで名無しさん:03/10/27 23:07 ID:pdTfkY5I
残虐殺人犯罪者はガス室でドンドン殺そう。
未成年者、精神薄弱者関係無しに。
一般人と同じ思考が出来ない犯罪者に人権を与えるな!

256 :朝まで名無しさん:03/10/30 19:02 ID:dvCleGgK
一般人と犯罪者なんて紙一重。
2chで殺人犯即死刑なんて言ってる奴も似たようなもんさ。
大義名分さえあれば殺しはOKなのか?

違うね。

殺しは絶対悪だ。
死んだらそこですべてはおしまいだからな。

今のように善悪を問われつつも、社会の秩序を最優先事項として
執行されるというのはアリなんじゃないのか?
善悪を問われなくなるようならオシマイだが
思考を止めずに(答えもでないが)考えに考えて
なあなあでごまかされるべきなんだろうな第3者は。

その方が社会にも他人にも優しくできるんじゃないのか?


257 :朝まで名無しさん:03/10/30 19:12 ID:s6NkzPXC
要するに刑罰ってのは2種類あるだろ。

1つは被害者の為の刑罰、報復的なもの、極端に言うと死刑かな
もう一つは加害者の更生を目指した刑罰、まぁ懲役刑だな。

で、死刑を廃止するとなると被害者の気持ちはどこに向ければいいのかってことなんだが。
こればっかりはなぁ、人を殺してしまった以上その責任は取らなければいけないし。
難しい話だよな、正直

258 :朝まで名無しさん:03/10/30 19:19 ID:QPmE1EHd
死刑の判決を受けるような重罪を犯した加害者には
現在は絞首刑しかないが、
宅間などのような罪の無い子供を何人も殺した
凶悪犯には、絞首刑のような、苦痛の軽い死刑でなくて
苦痛の伴う死刑を科すのが、今後の犯罪抑止力になる。
宅間は包丁で、小学生を殺害したから、
自分も包丁でめったざしにされて苦痛を十分に
味わって死ぬべきだ。
できれば、小学生の親が、刺すことを許す。

259 :朝まで名無しさん:03/10/30 19:28 ID:s6NkzPXC
>>258
目には目をの精神か。
時代を逆行しているがそれも有なんだろうな

まぁなんだ、極悪には極刑をもって対峙すべし?(あやふやでスマン
とか言うからなぁ。

260 :朝まで名無しさん:03/10/30 20:24 ID:rNuLbyu9
>>257
よくわからんな
報復的なもの?人殺して懲役で済む奴は報復を受けないでいいのか?
更正なんて言うほどのもんなのか?懲役って。

抑止力だけをいえば目には目をでもよいだろうが、
それで果たして被害者は救われるだろうか?

否、決して死刑にしたからといって救われるわけではない。

決して報復という意味において刑罰を使うべきではない。
社会において秩序安寧を求める際の一つの手段として使われるべき、と思う。


261 :朝まで名無しさん:03/10/30 20:31 ID:QPmE1EHd
>決して報復という意味において刑罰を使うべきではない。
現在の刑法において、刑罰には、報復の意味もあるよ。
(被害者の仇討ちを禁ずる代わりに、国家が報復する)
更正を目指す部分もあるが、それが100パーセントではない。

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)